内側を加熱

これらの薬草は、温度の点で暖かいものから熱いものまであります。味は通常辛いです。内部を暖め、内部から寒さを追い出します。それらは主に消化に影響を及ぼしますが、心臓血管系にも影響を及ぼし、鎮痛、鎮静、抗生物質、さらには解熱作用さえも持つ可能性があります。
内部の温暖化は、冷たい食べ物(生の食品、アイスクリーム、氷のように冷たい飲み物)を過剰に摂取したり、冷たい濡れた床に座ったり、冷たい濡れた服を着て疲れ果てたりして寒いときに示されます。

薬用ハーブの例:

セイロンシナモン(Cinnamomum verum)、フェンネル(Foeniculum vulgare)、クローブ(Syzygiumaromaticum)、ジンジャー(Zingiberofficinalis)

臨床症状:

寒さの一般的な兆候:四肢が冷たく、尿がはるかに澄んでいる
舌:淡い、コーティング:白
脈拍:深く、遅い

胃の冷え:上腹部と腹部の冷えた痛み、嘔吐、吐き気、下痢
舌:淡い、コーティング:白、厚い、湿った
脈拍:深く、しなやか、ゆっくり

冷たい大腸:
便秘(寒さが停滞を引き起こす場合)、水様性下痢(水分がある場合)、慢性下痢
舌:青白い、コーティング:白、厚い、湿った
脈拍:深く、しなやかで、ゆっくり、滑りやすい、湿った場合、

寒い小腸:
脾臓陽欠乏症-症状
鼓腸、鼓腸、どろどろした下痢、温かさのある腹鳴、吸収不良
舌:青白い、腫れた、歯の印象、コーティング:白、湿った
脈拍:深い、弱い、空、遅い

Don`t copy text!