バーチ – Betula alba

植物薬
白樺の葉(Betulae folium)。欧州薬局方によると、それは乾燥した葉、全体または断片、から構成さカバノキpendulaの ロスおよび/またはB.はモウソウチクEhrh。または、乾燥薬に関して、ハイパーオシドとして表される、1.5%フラボノイドの最小含有量を有​​する両方のハイブリッド種。

主成分
白樺の葉にはフラボノイド(2.3-3.5%)とトリテルペン誘導体が含まれています。フラボノイドには、ハイパーオシド(ケルセチン-3-O-ガラクトシド)とアビキュラリン、およびケルセチンの他のヘテロシド(ケルセチン-3-O-グルクロニド、ケルセチン-3-O-ラムノシドまたはケルセトリンなど)が含まれます。ミリセチン(ミリセチン-3-O-ガラクトシド)とケンフェロール。

トリテルペンアルコールと、C-3マロネートまたはC-12アセテートを含むダマランタイプのエステル、ルパン由来のトリテルペン(ルペオールおよびヒドロキシル化誘導体、ベツリン、ベツリノール、ベツリン酸)が含まれています。

さらに、グリコシル化アリールブタノイドおよびジアリールヘプトノイド、カリウム塩(4%)、アスコルビン酸(0.5%)、フェノール化合物(3,4′-ジヒドロキシプロピオフェノン3-グルコシド、カフェイン酸およびクロロゲン酸)、エッセンシャルオイル、加水分解性タンニン(ガロタンニンおよびellagitannins)、lignansおよびsaponins。

薬理作用
それは利尿作用を示し、水と電解質の排出を増加させます。抗力効果により、尿路での砂利や石の形成を防ぎます。

白樺の葉の水性抽出物は、アルコール性のものよりも活性が高いことが示されていますが、ダマラン型トリテルペンは利尿作用を示していません。

さらに、非常に多様な活動がin vitroで見出されています。HIVに対する抗ウイルス剤、アシクロビルの抗ウイルス作用の増強剤、尿路上皮へのEscherichia coliの付着の阻害剤であり、管感染症の予防と治療のための従来の使用を強化します。低尿路(UTI)。高用量では、動物モデルで抗熱活性を示します。

適応症/推奨事項
ESCOP承認済み:下部尿路の細菌性または炎症性の状態で、砂利の存在下で、尿路結石の予防のために尿量を増やすこと(「尿路洗浄療法」)。さらに、ドイツ保健省の委員会Eは、リウマチ性愁訴の治療における補助としての使用を承認しています。

その伝統的な使用法に基づいて欧州医薬品庁(EMA)によって承認された適応症:軽度の尿の問題の補助として、尿の流れを増加させます。

また、治癒剤として、また傷の洗浄や消毒にも広く使用されています。

1,066人の患者を対象とした研究では、これらは4つのグループに分類されました:73.8%が尿路感染症、または尿路の炎症に苦しんでいる、14.2%の刺激性膀胱、9.3%の結石症および2 、7%のさまざまな尿の不満。最初のグループの患者の56%が抗生物質を投与されました。すべての患者は、白樺の葉の乾燥抽出物(4-8:1、水性)を1日あたりのさまざまな用量(180〜1080 mg以上)で受け取りました。ほとんどの場合、治療期間は2〜4週間でした。この期間の後、症状は最初のグループの患者の78%、2番目のグループの65%、3番目のグループの65%で消えました。症状は、抗生物質で治療された患者の80%で消えました。抗生物質を投与されなかった人の75%で。

無作為化、二重盲検、プラセボ対照研究では、下部尿路感染症の15人の患者が、4カップの白樺の葉の注入またはプラセボで20日間毎日治療されました。微生物数は、プラセボ群の18%と比較して、白樺群の尿では39%減少しました。研究の終わりに、verumグループの7人中3人の患者と対照グループの6人中1人はもはや尿路感染症に苦しんでいませんでした。

標準的な白樺樹皮抽出物(75%ベツリン、3.5%ベツリン酸)を投与された42人のC型肝炎患者を対象とした12週間のパイロット研究では、肝保護効果、ALT(54%)およびHCV RNA(43%)のレベルを低下させ、疲労および消化不良の症状は改善しました(Shikov et al。、2011)。

第II相臨床試験(Metelmann et al。、2015)では、白樺樹皮の10%抽出物を含む軟膏である皮膚移植を受けた患者を対象に、盲目的に評価、管理、前向き、無作為化を行いました。 14日間で、再上皮化が大幅に加速し、安全で忍容性が高くなりました。

投与量/使用方法
ESCOPが推奨:注入の形で2〜3 gの薬剤、1日3〜4回、または同等の製剤。

EMAが推奨(12歳から、1回の投与あたり):
-注入(150 mLに2〜3 g)、1日4回まで。
-ドラッグパウダー:650mg /用量、1日2回。
-乾燥抽出物(3-8:1、水性):0.25-1 g、1日4回。
-液体の新鮮な葉の抽出物(1:2〜2.4、水性):15 mL、1日2〜3回。
-新鮮な葉の液体抽出物、96%エタノール蒸気(1:1、50-60%エタノール)で安定化:2.5 mL、1日3回。

委員会Eが推奨(別の処方を除く):2〜3 gの薬剤、1日数回、または同等量の他の製剤。

編集者注記:従来、2〜4週間で使用されていました。利尿作用を促進するために、大量の液体を摂取することをお勧めします。

副作用
場合によっては、胃腸の愁訴(吐き気、嘔吐、下痢)およびアレルギー反応(かゆみ、発疹、巣箱、アレルギー性鼻炎)。

予防
心不全または腎不全による浮腫の場合は、医師の監督下でのみ使用できます。
妊娠中および授乳中の使用は、医師の監督下に置くことをお勧めします。12歳未満の子供に使用

相互作用
それらは説明されていません。

PAGE TOP