ペパーミント – Peppermint – Mentha x piperita L

ペパーミント – Peppermint – Mentha x piperita L   薬用成分 ペパーミントの葉には、精油「ペパーミントオイル」が含まれています。 それは30-55%のメントールから成り、14-32%のメントン、2.8-10%の酢酸メンチルおよび他のテルペンも含有。 メントールは特有の香りを発します。 それはまたタンニン(ロスマリン酸)とフラボノイドを含んでいます。 承認されている使用 欧州医薬品庁(EMA):胃腸管および胆管の痙攣のために、鼓腸に関連する使用について。 ハーブ医薬品委員会HMPC:長年の経験に基づいて、ペパーミントの葉は、胃


◆ -- この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。 ログインしてください。 -- ◆

既存ユーザのログイン