アップルレメディで胸焼けを落ち着かせる

リンゴに含まれるペクチンは胃液を中和します。

胸骨と喉のよく知られている灼熱感は、胃液が食道に向かって上昇することによるものです。栄養不良、ストレス、食事、就寝直前のスポーツは、この障害の主な原因の1つです。しかし、いくつかのリンゴベースの治療法で胸焼けを落ち着かせることが可能であることを知っていましたか?

胸焼けを防ぐためのヒント

1.ゆっくり噛むことをお勧めします。同様に、理想は、1日5回の食事を少しずつ行い、食事中に水分を飲むことを避けることです。

2.食べた直後に横になることは避けてください。少なくとも30分待つのが良いですが、理想は食事の2時間後です。

3.快適な服を着て、スープやジュースなどの液体の夕食は避けるのが最善です。

胸焼けを和らげるリンゴ

アップルは効果的な天然制酸剤と見なされています。自然または注入されて、それは胃酸の存在下でほとんど即座の救済を与えます。パイナップル、バナナ、パパイヤ、柿、梨と一緒に、胸焼けを落ち着かせるのに最適な自然療法の1つです。

アップルサイダービネガーもこの病気と戦うのに役立ちます。それはそれを減らすのを助け、一般的に消化を促進します。重曹、ハーブティー、生姜は、胃液の上昇による不快な症状を和らげるのにも同様に優れています。

リンゴで胸焼けを和らげる方法

果物ベースの治療法は胸焼けと戦うのに最適です。一日のリンゴは消化器系を健康に保つのに役立ちます。このおいしい果物を食べるときの体への利点は多岐にわたります。

リンゴに含まれるソルビトールは、天然の止瀉薬であり、腸の運動性を促進するため、腸の機能に優れています。これに加えて、大腸炎または胃腸炎の症状は、この果物の高繊維およびペクチン含有量によって軽減されます。

リンゴには利尿作用と浄化作用もあり、胃や腸から有毒な残留物を取り除くのに役立ちます。リンゴの注入は、胃を収縮させ、落ち着かせ、リラックスさせ、浄化します。1日に1リットル飲むと、多くの厄介な症状を和らげることができます。

この果物はまた、マグネシウム、鉄、カルシウム、カリウム、窒素、リンが豊富で、これらはすべて胃の組織にとって非常に有益な栄養素です。その抗炎症特性は、とりわけ憩室に有益な効果をもたらします。

胸焼けを治療するためのリンゴの治療法

リンゴの利点がわかったので、胸焼けを鎮めるためのいくつかの治療法を準備する方法を知る時が来ました。シンプルで安価なレシピ、非常に簡単に準備できます。
B202103111

リンゴの注入

材料:
リンゴ1個
レモンジュース
カモミールの花大さじ1(15 g)

作り方:
1.リンゴの皮をむき、細かく切ります。

2・2カップの水を鍋に注ぎ、リンゴ、レモンジュース、カモミールを加えます。10分間沸騰させ、ろ過する前に注入するために残します。

3.この水を毎日飲みます。

——————————————–

執筆:竹内 めあり ハーブの香り主宰者

——————————————–