Covid-19封鎖中の高齢者の身体的および精神的健康に対するガーデニングの影響

Covid-19封鎖中の高齢者の身体的および精神的健康に対するガーデニングの影響

結論

Covid-19のパンデミックは、特に高齢者などの脆弱な集団において、世界的に身体的および精神的健康に影響を及ぼしています。これは、ウイルスの直接的な影響と、健康に影響を与えるライフスタイルや環境要因の多くを間接的に制限する社会的封鎖の全身的な影響の結果です。ガーデニングは、これらの課せられた障壁のいくつかを克服し、個人の心身の健康と幸福を高める機会を支援し、回復するための実行可能な方法かもしれません。

B202105211

参加者

この研究には、英国スコットランドで進行中のLothian Birth Cohort 1936研究の171人の高齢者参加者(全員が1936年に生まれ、53%が男性)が参加しました。

 

結果の測定

オンライン調査には、人口統計学的およびCovid認識情報に加えて、ロックダウン前後の園芸活動と頻度、身体的健康、感情的および精神的健康、睡眠の質、およびCovid-19に関する不安に関する5項目のリッカートタイプの質問が含まれていました。研究者は、他の健康スコアのアマルガムとして、追加の複合健康スコアを評価しました。

 

主な調査結果

研究者がすべての共変量を調整した後、Covid-19ロックダウン後の2か月で庭の使用頻度が高かった参加者は、庭を使わなかった参加者よりも優れた健康対策に有意に関連していることがわかりました。

自己評価による身体的健康(0.74、95%CI 0.23–1.25、P <0.005)
感情的および精神的健康(0.58、95%CI 0.02–1.13、P = 0.04)
睡眠の質(0.58、95%CI 0.07–1.09、P = 0.03)
複合健康スコア(0.79、95%CI 0.32–1.25、P = 0.001)
研究者は、健康対策のいずれにおいても、参加者がロックダウン前とロックダウン後の変化を認識したことに関連する有意な結果を発見しませんでした。

 

実践への影響

世界的なCOVID-19のパンデミックは、身体的および精神的健康の両方を含む公衆衛生に大規模な混乱を引き起こしました。高い入院率と死亡率を引き起こすウイルス感染に加えて、社会的封鎖は、個人とコミュニティの典型的な仕事、社交、そして多くの活動への参加能力を劇的に制限してきました。結果として生じる身体活動や社会的相互作用などの健康行動の低下は、うつ病、不安症、不眠症などの精神的健康だけでなく、身体的健康の多くの側面に悪影響を及ぼしています。1–3これは特に、Covid-19感染と、身体の可動性の制限、免疫システムの弱さ、Covid以外の時代の社会的孤立の増加の結果として、Covid-19感染と複数の身体的および精神的状態の両方による後遺症のリスクが高い高齢者に関係しています。

これらの健康の低下に対処する1つの方法は、自然の中でより多くの時間を過ごすことです。屋外の緑地との接触による多くの健康上の利点が広く報告されており、よく理解されています。これらの簡単な方法は、都会の環境に住んでいる場合でも、ほとんどの人が簡単に利用できます。実際、都市公園の開発は、19世紀後半に頻繁に発生したコレラやポリオなどの感染症のパンデミックに部分的に対応して発生しました。都市生活の不衛生な状況を避けながら、人々が身体的に活動し、新鮮な空気と日光を十分に得ることができるエリアを提供することは、公衆衛生問題に対する都市計画の答えでした。現在のパンデミックの間も健康を維持する方法として、緑地へのアクセスが提案されています。実際、パンデミックの初期段階では、公園やその他の緑地での時間を制限しようとする多くの自治体の取り組みに正反対に、外で過ごす時間が世界的に増加しました。

自然にアクセスする方法はたくさんあります。特に、ガーデニングは自然の健康上の利点をすべて体験するためのシンプルで効果的な方法です。ガーデニングに時間を費やすと、人々は身体活動を増やし、新鮮な空気を吸い、日光を吸収し、ビタミンDを増やし、地元で低コストで高品質の栄養を摂取する機会が得られます。また、家族や文化のルーツや活動につながりながら、リラックスしてストレスを軽減し、心を落ち着かせ、他の人生の懸念から気をそらし、自尊心と自己効力感を高めることができます。そして、土壌を掘ると、消化器系、免疫系、神経系の健康的な機能を調節する多くの有益な微生物にさらされます。

複数の研究により、血圧と唾液コルチゾールの低下、うつ病、不安、生活の質、主観的な幸福の改善など、ガーデニングの幅広い利点が確認されています。ここでレビューされた研究は、これらがCovid-19パンデミックによって悪影響を受けた高齢者や他の集団に直接利益をもたらす可能性があることを示唆しています。

 

制限事項

横断的研究として、この調査では、縦断的な因果関係を調査することはできませんでした。肯定的な発見は、より健康な参加者の興味やより頻繁に庭を作る能力を反映している可能性があり、その逆ではないかもしれません。両方が正確であることを示唆する証拠が存在するため、さらなる調査が必要です。

調査として、複数の制限を考慮する必要があります。調査の自己報告方法は、本質的にバイアスやリコールエラーが発生しやすい主観的な応答データのみを提供します。参加者に、Covidの封鎖前後の健康状態の変化を比較するように依頼することは、封鎖前後の期間に収集されたデータを分析するほど有効ではありません。このような縦断的アプローチは、調査からの健康状態の変化に関するより説得力のあるデータを提供した可能性があります。

調査の形式も制限されていました。84歳の参加者が行った145項目のオンライン調査は、データ収集の次善の方法です。インターネットへのアクセスの技術的制限と調査の長さにより、資格のある個人が参加できなかった可能性があります。

——————————————–

執筆:ハーブの香り

——————————————–