秋は、免疫力を強化するハーブで。

秋になると、私たちの体は寒さ、風、湿気に悩まされます。これらの気候要因が私たちに害を及ぼさないように、十分な免疫力が必要です。

秋には、特に皮膚が乾燥するだけでなく肺にも影響を与えます。したがって、部屋が常に適切に換気され、ヒーターまたは加湿器によって十分な湿度が生成されるようにすることが重要です。

B202110271

皮膚は私たちの体と外界との境界として重要な役割を果たしています。秋には、香りのよいローションやオイルでお肌をケアするのがベストです。

秋には食事が少し温かいものが多くなり、元気になるはずです。スープとシチューが最高です。それらは、肺/大腸と胃を湿らせるのに必要な水分を提供することでしょう。

乾いた咳、喉の痛み、またはしわがれに苦しんでいる場合は、梨、リンゴ(ジュース、コンポート、ピューレとして)、アーモンド、マッシュルーム、豆腐、豆乳、蓮の根、竹の芽などの食品をお勧めします。

乾いた咳や黄色い痰に悩まされている場合は、痰を緩めたり動かしたり薄くしたりするために、さわやかで保湿性のある食品が必要になります。この場合、もやし、豆腐、海藻、大根、にんじん、きのこを使用し、辛くて乾燥したスパイスは避けてください。

腸が詰まって便秘が発生した場合、ホットスパイスは特に不利です。この場合、味噌、ザワークラウト、海藻、ニンジン、パセリの根、またはほうれん草(特にほうれん草のスープとして)が役立ちます。興味深いことに、結腸は西洋医学の免疫系とも関係があります。免疫細胞の大部分は私たちの腸にあります。したがって、腸を強化すると、免疫システムも強化されます。

あなたが寒さに苦しんでいるならば、穏やかに辛い食べ物とスパイスはあなたを暖めるのに最も良いです。主にフェンネル、フェヌグリーク、カイエン、ターメリック、カルダモン、シナモン、クローブ、アニス、ニンニク、タマネギ、ネギ、生姜。

ホットスパイスは熱を発生するため、乾燥することに注意してください。ヨーグルトソースと唐辛子やカレーを組み合わせてバランスを取りましょう。

乳製品、特にヨーグルトは、冷えて湿り気を帯びて粘液を生成しやすいため、秋と冬は控えめに食べる必要があります。インフルエンザの季節には、乳製品をできるだけ減らす価値があります。

鼻が白い分泌物で走っている場合、それは冷たい粘液です。これは、お茶やスパイスを温めたり乾燥させたりすることでうまく対処できます。例:タイム、ローズマリー、チャイティーミックス

免疫システムを強化するための代表的なハーブはエキナセア。ビタミンC豊富なローズヒップもミックスされたエキナセアハーブティーで、風邪やインフルエンザを予防しましょう。

——————————————–

執筆:ハーブの香り

——————————————–