寒くなると調子が悪くなる原因

低温は体に生理学的ストレスを与えます。健康で健康であればあるほど、体はこれらのストレスに対処しやすくなります。 適切な服装は、寒い気候で健康でいるための鍵です。 特に季節的に寒さに順応していない場合は、過度のストレスを避けることも重要です。特に、非常に年配の方、非常に若い方、基礎疾患のある方は、家を少なくとも 18 ℃に加熱する必要があります。

寒い気候で暖かく過ごすための最良の方法の 1 つは、「お腹」から熱を発生させることです。 暑い夏にはサラダがぴったりかもしれませんが、寒い季節になるとボリュームたっぷりのシチュー、スープなどを食べましょう。 これは、体温を維持するためにより多くの燃料が必要であることを体が伝える方法です。

B202211061

 

寒くなると発生しやすい症状

トイレが近くなる
体が冷えると、四肢と皮膚表面への循環が低下します。これは、末梢血管収縮 と呼ばれるプロセスであり、体のコアにより多くの量の血液が集中します。 これにより、動脈血圧が上昇します。 体の反応は、この圧力を下げようとすることです。腎臓は、膀胱から尿として水分を除去することにより、循環する血液の量を減らします。 このプロセスは「冷利尿」として知られています。

貧血
食事中の鉄分の不足、または十分な赤血球を作ることができないことによって引き起こされます. あなたが妊娠可能年齢の女性で菜食主義者である場合、その可能性はさらに高くなります。

食欲不振
体が熱の発生を抑えて栄養を可能な限り長持ちさせようとするため、常に寒さを感じることがよくあります。柔らかい体毛は、自然に断熱された体脂肪の損失に対抗するために追加された断熱材として、寒さに反応して成長することがよくあります。

風邪やインフルエンザへのリスク
寒さは免疫反応を低下させます。寒さの結果、胴と頭のコアで体温を維持するために四肢への血液供給が減少します。この血流の減少は、病気と戦うために利用できる白血球が少なくなることを意味します。これにより、風邪などの冬の病気にかかりやすくなるようです。

風邪とインフルエンザは寒さによって引き起こされるのではなく、他の人から感染した上気道のウイルス感染によって引き起こされます。冬季に風邪やインフルエンザが流行する理由は完全にはわかっていませんが、行動に対して影響があり、他の人と一緒に屋内にいる可能性が高く、換気は暖かいときよりも悪くなる可能性があります。免疫システムは、寒さによってある程度低下します。特に、冷たい空気を吸い込むと冷える上気道に影響を与えます。鼻が冷えると、風邪やインフルエンザの原因となるライノウイルスが繁殖する機会が増えます。気温が高いほど、免疫システムはウイルスで病気になる前に阻止する可能性が高くなります。スカーフやマスクなどで鼻を覆い、暖かく保つことは、風邪をひく可能性を減らす効果的な方法です。

B202211062

 

お腹を温めて寒い時期を元気に過ごす

1.お腹の中から温める

冬野菜

常に旬の野菜を食べるのがベストで、冬野菜は消化器系に最適です。根菜(ニンジン、ジャガイモ/サツマイモ、パースニップ、ビーツ、カブ)は、冬野菜(ケール、からし菜、ニラなど)と同様に、寒い時期にオススメ。冬野菜に含まれる食物繊維は、消化器官の働きが鈍くなったときに効果的で、血糖値の調整にも役立ちます。

冷たい食べ物や生の食べ物を避ける

冷たい食べ物や生の食べ物は体が分解しにくく、消化器系の収縮を引き起こし、血行不良につながる可能性があります. 涼しい気候は新陳代謝が遅いことを意味します。

ホットティーを飲む

外が寒いときは、温かい飲み物を楽しむ可能性が高くなります。あなたの心を幸せにするために、熱いココアや砂糖の入った特別な飲み物の代わりにお茶に固執してください。熱いお茶は、カロリー爆弾と同じくらい心地よいですが、牛乳と砂糖のすべてが消化に大混乱をもたらすことを心配する必要はありません。

スパイス

ナツメグ、ジンジャー、シナモン、ターメリック、カルダモン、カイエン、クローブなどのスパイスを使い始めましょう。いくつかのスパイスを食事に混ぜて風味を加え、消化を助けましょう。これは、塩分の摂取量を減らすための優れた方法でもあります。もちろん、ウコンチャイパウダーや全身を温めるハーブティーには、スパイスがたっぷり。

全身を温めたい

ウコンチャイパウダー * バイオダイナミック有機 * 無農薬

2.お腹の外から温める

運動

外の気温が急激に下がると、運動療法を維持するのは難しいかもしれませんが、運動は規則正しい生活を維持するのに役立ちます。ホリデー シーズンの間、できるだけ普段の生活を守ることで、胃腸障害の可能性を減らすことができます。

入浴

ぬるめのお湯にゆっくりとつかりましょう。

腹巻きやカイロ

厚着をしたり、お腹周り、首、手首足首を温めましょう。