代替とは

代替ハーブは、徐々に体の適切な機能を回復し、健康と活力を高めるハーブです。体に対するそれらの作用機序は薬理学を通してよく理解されていません。しかし、医薬品としてのその信じられないほどの価値は無視できません。大まかに言えば、それらは体の代謝プロセスを変化させ、組織が栄養から排泄までのさまざまな機能に最もよく対処できるようにします。この作用を持つ多くのハーブは、腎臓、肝臓、肺、または皮膚を通して老廃物を排除する体の能力を向上させます。消化を刺激するものや抗菌性のものもあります。代替案は、体を健康な状態に動かし、全身の崩壊の指標を取り除きます。

多くのハーブには代替機能があり、一般的に二次的または三次的作用があります。たとえば、利尿薬と肝臓薬も代替薬と見なすことができます。それらは、支持療法として多くの多様な状態で安全に使用することができ、慢性炎症性または変性疾患が存在する場合に考慮されるべきです。

体の各システムには、それに特に適した植物があります。代替ハーブは、循環器系、呼吸器系、消化器系、泌尿器系、生殖器系、筋骨格系、神経系、および外皮系に対して特定の親和性を持っています。皮膚の状態、関節炎、および自己免疫疾患は特に改善されます。

ハーブ

ネトル
バードック
イエロードック
西洋タンポポ根西洋タンポポ葉
レッドクローバー