抗炎症剤

名前が示すように、これらのハーブは体が炎症を制御するのを助けます。ただし、医薬品で採用されている炎症の症状の緩和が、これらの治療法が作用するメカニズムと同じになることはめったにありません。

炎症は、多くの種類の感染症や全身の問題に対する正常で健康な体の反応です。炎症の基本的な兆候(腫れ、熱、発赤、機能喪失、痛み)はすべて、除去目的と意味のある免疫系反応に役立ちます。時間が経つにつれて、炎症反応は、影響を受けた領域を治癒し、健康を回復するために必要な変化をもたらします。薬草は関与して働いてくれ複雑な化学伝達物質のバランスを達成する可能性を提供します。

抗炎症薬のしくみ

ハーブは、さまざまな方法で炎症を軽減することができます。これらのハーブが自然の炎症過程を阻害することはめったにないことに注意することが重要です。代わりに、それらは関与する化学伝達物質をサポートし、奨励します。これは、すでに行っているクレンジング作業で体を助け、それによって治癒プロセスをスピードアップします。

ハーブの抗炎症剤は、それらが機能する方法に応じて、グループに広く配置することができます。いくつかの特定された植物成分は抗炎症効果があることが示されていますが、これらの植物の全体的な作用は特定の化学物質よりもはるかに大きいですが、以下はいくつかの主要な抗炎症成分を要約しています。

硫黄

玉ねぎ
ニンニク
マスタード

樹脂

カイエン
ジンジャー

サリチル酸塩

広範囲の植物に見られる天然化学物質です。
注:アスピリンは元々、抗炎症化合物としてこれらの植物源から分離されました
シラカンバ
メドウスイート
ウィロウ

ステロイドサポニン

フェヌグリーク

トリテルペノイドサポニン

マリーゴールド
ジンセン

必須脂肪酸

月見草の種子
カシスの種

揮発性オイル

ヤロウ
カモミール
シナモン
ウコン
ローズマリー
ジンジャー

フラボノイド

クランベリー
ビルベリー/ブルーベリー
ホーソン
レッドラズベリー
エルダーベリー