肝臓作用とは何ですか?

肝臓薬類は、さまざまな方法で肝臓の働きを助けるハーブ療法です。それらは調子を整え、強化し、場合によっては胆汁の流れを増加させます。健康への幅広い全体論的アプローチでは、体の働きにおける肝臓の基本的な役割のために、それらは非常に重要です。

肝臓薬のしくみ

苦味物質と胆汁分泌促進薬はすべて肝臓薬類として機能するため、それらの作用を簡単に確認する必要があります。しかし、そのような特定の行動を伴わない広範囲の治療法もまた、無数の方法で肝臓に対して有益に作用します。

ハーブの例:

西洋タンポポの根
ミルクシスル
アーティチョーク
ウコン