胆汁分泌促進薬とは何ですか?

これは、肝臓からの胆汁の流れを刺激するという特定の効果を持つ作用です。正統薬理学に実際に分泌された胆汁の量を増加させる「直接」胆汁分泌促進、および「間接」胆汁分泌促進、または単に胆嚢によって放出される胆汁の量を増加させます。この区別は、ホリスティックなハーブの実践ではそれほど重要ではありません。 苔類 は、さまざまな方法で肝臓の働きを助けるハーブ療法です。それらは調子を整え、強化し、場合によっては胆汁の流れも増加させます。

胆汁分泌促進薬のしくみ

前に述べたように、苦みまたは肝臓の作用を持つほとんどの治療法はまた、胆汁分泌促進です。あらゆる種類の植物成分が肝臓組織にこの作用を及ぼしますが、それが強制されたり損傷したりすることはありません。胆汁の分泌は、消化と同化のプロセス全体に大いに役立ちます。胆汁の役割は、主に脂肪の消化を促進することですが、自然な下剤であるため、システムを浄化します。肝機能の広大な複雑さを探求することなく、胆汁の形成と流れ、そしてすべての人にとって基本的なことは注目に値します。これらのハーブは、単に胆汁を放出するよりもはるかに深い価値があり、強くて健康な肝臓を確保し、全体を活気づけるのに役立ちます。

ハーブの例

ウコン