駆風薬とは何ですか?

駆風薬は、揮発性オイルが豊富なハーブ療法です。消化器系での活動を通じて、腸の収縮を調整および調節することにより、適切かつ容易に機能するように刺激されます。主な作用機序は、腸壁を落ち着かせて落ち着かせることです。それにより、痛みを和らげ、消化管からのガスの除去を助けます。

駆風薬のしくみ

駆風薬草の作用機序は、主にそれらに含まれる揮発性油の結果です。これらの化合物は、胃内容排出を増加させるのに役立ち、胃粘膜を軽度に刺激するため、蠕動が増加し、それによってけいれんやガスの排出が緩和されます。駆風薬は必ずしも筋弛緩薬ではありませんが、鎮痙薬として有用である(そして同義語である)ことに注意してください。

ハーブの例

アニス
フェンネル
ペパーミント
レモンバーム
カモミール
ローズマリー
ジンジャー
シナモン