アーティチョークは、消化不良の愁訴のために、特に肝胆嚢系の障害が原因である場合」に推奨しています。
血中脂質レベルを低下させることが示され、抗酸化作用もあるため高脂血症での使用を提唱しています。

作用:胆汁の流れを刺激、肝臓を保護、肝臓を解毒、血中脂質を減らす、体自身のコレステロール産生を阻害、抗炎症、抗酸化、鎮痙
用途:胃腸の愁訴(過敏性胃症候群)、血中脂質レベルの上昇

 

archichoke

 

アーティチョークはどのように役立ちますか?

アーティチョークは暖かいのが好きなので、主に地中海、カナリア諸島、南アメリカで育ちます。今日では野菜や漢方薬としても人気があります。
アーティチョークの最初の記録は紀元1世紀に遡りますが、医学的使用に関する情報はほとんどありません。確かなことは、それがローマ人と古代ギリシャ人の間で人気のある野菜だったことです。
有名なペルシャの医者であるアブ・イブン・シーナ(アヴィセンナとして知られている(1037年に死亡))だけが、これまで重要でない植物の薬効成分に特定の人気を与えました。彼はアーティチョークを、脇の臭い、腫れ、傷、潰瘍の治療薬として推奨しています。アーティチョークが地元の著作で言及されたのは16世紀になってからです。アザミのようなこの植物に人々が興味を持ち始めたのは、1970年代半ばになってからでした。

アーティチョークの薬効

アーティチョークの薬効成分は、葉からの抽出物です。アーティチョークの葉は、消化と血液(血中脂質値)に多くの良い影響を与えます。
アーティチョークの葉の成分は、過敏性胃症候群(消化不良の不満)などの消化器の不満に効果的であることが証明されています。過敏性胃症候群は、胃での酸産生の増加、食欲不振、鼓腸、吐き気や嘔吐までの腹痛を通して特に顕著です。不眠症や循環器系の問題などの栄養不満もここで発生する可能性があります。
高い血中脂質に対するアーティチョークの葉の証明された効果も同様に重要です。それらは、血液中の総コレステロール値を低下させ、さらに抗酸化効果による損傷から肝細胞を保護することが証明されています。
民間療法では、アーティチョークの葉は消化不良の薬用ワインとして、また病気の後に身体機能を回復するための強壮剤として使用されます。
アーティチョークは栄養価が高いだけでなく、大きな医学的可能性も持っています。

アーティチョークの葉の成分

アーティチョークの葉には、さまざまな貴重な成分が含まれています。最も重要なものの1つはシナリンです。シナリンはコーヒー酸誘導体のグループに属し、肝臓の保護効果を担っています。たとえば、肝臓の細胞壁を毒素から保護し、血流を促進することができます。他の効果的な物質は、苦い物質、フラボノイド、セスキテルペンラクトンです。

アーティチョークの葉は胆汁と肝臓に

アーティチョークの効果は、過敏性胃症候群(消化不良の愁訴)とコレステロール値の上昇という2つの臨床像に基づいて最もよく説明できます。

食べ過ぎた人は誰でも胃のむかつきの症状に精通しています:胃のねじれ、ガス、そして不快な満腹感が入ります。これらの症状は通常、短時間で消えます。しかし、それらが積み重なるか永続的に続く場合、症状は本当のストレステストになる可能性があります。

アーティチョークは、特に食欲不振を伴うことが多い脂肪消化の問題に非常に役立ちます。それは胆汁の活動を刺激し、胆汁の生産を増やすことで、脂肪の消化を改善し、消化不良の症状を緩和することができます。さらに、消化器官の筋肉が活性化されます。このプロセスはまた、消化が難しい食品でさえもより許容されることを意味します。

アーティチョークの葉の2番目の効果はコレステロール値に影響を与えます。コレステロールは私たちの細胞壁の天然成分であり、人体がそれ自体で生成することができます。血中のコレステロール値が高すぎる場合にのみ、これらの脂肪は危険になり、たとえば心血管疾患を引き起こす可能性があります。

コレステロール値の低下は、胆汁を介して行うことができます。アーティチョークの葉は、胆汁の流れと生成を増加させることが示されています。胆汁は、血液中のコレステロールが分解され、より迅速に排泄されることを意味します。これにより、肝臓のコレステロール値が下がり、その結果、総コレステロール値が下がります。

ただし、アーティチョークの葉の抽出物の効果はさらに進みます。それらは、細胞へのコレステロールの取り込みを阻害し、既存のコレステロール沈着物を溶解することさえできます。これらのプロセスはすべて、コレステロール値の低下につながる可能性があります。

さらに、肝臓保護効果が証明されています。それらは肝臓の細胞壁をある程度「中毒」から保護し、臓器へのより良い血流を確保することができます。これは、有毒物質をより迅速に除去できることを意味します。抽出物はまた、肝臓の再生と細胞成長を加速することができます。

アーティチョークについての科学データ

WHO・欧州薬局庁データ

主成分
フェノール酸:クロロゲン酸、クリプトクロロゲン酸、ネオクロロゲン酸、1,5-ジカフェオイルキナ酸などのカフェイルキナ酸(1〜4%)、およびシナリ

薬理作用
主な薬理作用は、消化に介入するプロセスに関連:催吐性、胆汁分泌促進性、胆汁分泌促進剤、制吐剤、食前酒

適応症
消化器系の不調(例、胃の痛み、吐き気、嘔吐、膨満感、鼓腸)および肝胆道機能障害での使用

投与量
成人および高齢者向けに、乾燥抽出物、注入液、またはその他の製剤の形で、乾燥葉5〜10gに相当する1日量

禁忌
胆管の閉塞、胆管炎、胆石、またはその他の胆管の状態および肝炎(医学的監督下を除く)。アーティチョークまたは他の既知のアレルギー

副作用
腹部のけいれんを伴う軽度の下痢と、吐き気や胸焼けなどの上腹部の愁訴が報告されています。

 

アーティチョークに関するコラム