チェリーテイルは、その排水効果と解毒作用で知られています。その利点は、利尿作用と浄化作用を与えるカリウム塩やポリフェノールなどの天然有効成分の組成によるものです。体の排水と解毒に寄与するチェリーの茎は、体重増加や特定の泌尿器系疾患と戦うための治療上の関心もあります。

メディカルハーブのチェリーテイルは、サワーチェリー(Prunus avium)の茎が使用されます。

紀元前4世紀からヨーロッパでも栽培されています。サクランボは、特に尿路の炎症反応の治療において、利尿作用(カリウムのおかげ)とビタミン(A、C、E)が豊富なためにハーブ医学で高く評価されている果物です。

サワーチェリーは現在、ヨーロッパと北アメリカで地域で栽培されています。成長するにつれて、サワーチェリーは高さ2〜5メートルの茂みを形成します。それは多くの枝を持っており、そのレベルでは春の初めに白またはピンクの花が現れます。これらはその後、夏の間に成熟する果物、サワーチェリーに置き換えられます。さくらんぼとさくらんぼの茎が収穫されるのはまさにこの時期です。

ポイントわずかな下剤効果:腸機能を改善します
膀胱炎、痛風:尿路の炎症を和らげます
利尿作用と浄化作用:尿、水、毒素の排出を促進します
調節作用:肝臓と胃に抗酸化作用と抗炎症作用があります
cherrystalk

サクランボの茎はどのように役立ちますか?

実証された他の治療適応

肝機能(抗酸化作用と抗炎症作用)を改善し、利尿作用(カリウムが豊富なため尿を排出)を提供し、消化を促進し(果肉に繊維が大量に存在する)、心臓の問題に苦しむ患者を和らげます-血管(炎症を軽減し、筋肉の回復を可能にします)、癌細胞の成長を遅らせ(フェノール化合物の作用)、癌性腫瘍の出現を防ぎ(果肉に含まれるアントシアニンの作用)、70〜99%の悪いLDLコレステロールの酸化を抑制します。

通常の治療適応

尿路の障害と状態(痛風、膀胱炎、炎症、腎疝痛)、消化器系の問題(下剤効果)。水と老廃物(利尿剤)の排出を促進し、腎機能を刺激し、関節炎に関連する痛みを和らげ、体重減少を助けます。

歴史

桜は中東原産で、1585年にジャンモレロットによってフランスに紹介されました。ルイ15世のおかげで、その果実と木材は、その上質で高品質で有名です。チェリーは古代ギリシャ人が痛風を治療するために使用していました。中世から、尿の排出を容易にするためにサクランボの茎(チェリーテイル)が推奨されていました。その後、関節炎の問題を治療するために使用されました。ローマ軍団はまた、大きな戦いの間にそれを強化剤として消費しました。今日、サクランボの茎は主に尿や腸の病気の治療に利用されています。また、煎じ薬やハーブティーの形で、痩身治療に使用されます。最も普及している適応症の1つは、利尿作用と浄化作用に関するものです。漢方薬におけるサクランボの茎の最近の使用は、尿路結石と軽度の高血圧や浮腫の治療に関係しています。

cherrystalk

サクランボの茎についての科学データ

WHO・欧州薬局庁データ

部位
Prunus aviumの茎
主成分
サリチル酸誘導体

薬理作用
利尿薬、熱便薬、鎮痛

適応症
尿路感染症、高尿酸血症、痛風、高血圧、浮腫、インフルエンザ、風邪の治療の補助剤。

投与量
煎じたハーブティー:30〜50 g / L、10分間煮沸します。一日に半リットル飲んでください。花柄が新鮮な場合は、12時間前から柔らかくします。

 

サクランボの茎に関するコラム