根が身体的および精神的パフォーマンスを改善し、ストレスの多い状況によりよく適応し、長期記憶を改善するという十分な証拠があります。ロディオラが燃え尽き症候群を防ぐことができるという有望な証拠もあります。

効果:集中力を高め、記憶と身体能力を促進し、外部ストレス刺激に適応する身体の能力を高め、身体運動後の回復を活性化します

使用:精神的および肉体的パフォーマンスの向上、ストレスへの耐性の向上、迅速な身体的回復

 

ロディオラはどのように役立ちますか?

rhodiola

ストレス耐性を高め、身体的および精神的パフォーマンスを高め、記憶を改善することを証明しています。さらに、それは身体運動後の回復を加速することができます。

 

ロディオラについての興味深い事実

ロディオラは、体自身のメッセンジャー物質の形成を促進します。これは、脳の神経細胞にプラスの効果をもたらし、抗炎症効果をもたらす可能性があります。そしてストレス耐性の改善につながる可能性があり、燃え尽き症候群の患者にもその効果があります。

スカンジナビアとロシア原産のこの植物が、ロシアとアジアのアスリートから、パフォーマンスを向上させ、体力を​​向上させるための一種のハーブの秘密兵器と長い間見なされてきたことは驚くべきことではありません。

記憶力の改善や運動後の回復の加速など、ロシアとアジアでの薬用植物の伝統的な応用分野は、現在、科学的研究で証明されています。

ロディオラについての植物学

ロディオラは多年生の低木に似た植物で、高さは最大35 cmに達することがあり、厚葉植物(ベンケイソウ科)のファミリーに属しています。ロディオラの根という名前は、太くて結節性の根茎の香りに由来しています。いくつかの茎は根茎から成長しますが、それはちなみにバラの匂いがします。その無茎の厚い葉には茎がなく、色は緑がかった青です。それらは貯水器官として機能します。5月と6月にロディオラが咲きます。植物が衰退する前に、黄色い花はオレンジレッドに変わります。ちなみに、ロディオラの根は雄または雌の植物として発生します。

 

ロディオラについての成分

フェニルプロパノイド
ロディオラの成分は、全体的な複合体として機能します。これは、ロディオラの根からの成分の相互作用が効果に寄与し、単一の物質がその治癒効果に関与していないことを意味します。

成分は体自身のメッセンジャー物質(ホルモン)を形成させることができ、それは身体的および精神的パフォーマンスにプラスの影響を及ぼします。さらに、全体的な複合体は、長期間の使用で脳内の神経細胞を保護すると同時に、ストレスの多い状況へのより良い適応をもたらすはずです。

 

集中障害とストレスへの影響

ロディオラは、特別な信号物質(神経伝達物質)の放出を刺激することにより、集中力と記憶力にプラスの効果をもたらす可能性があります。ただし、この効果は短期的な効果にすぎないはずです。長期的には、ロディオラの根の作用機序は、環境の影響など、体の適応を改善するように設計されています。このように、脳内の神経細胞は長期的にはよりよく保護されるべきです。

これらの印象的な効果の理由は、ロディオラの根によってますます形成される可能性のある体自身のメッセンジャー物質(神経伝達物質)の効果に由来する可能性があります。これらには、例えば、神経伝達物質であるノルエピネフリン、ドーパミン、アセチルコリン、およびセロトニンが含まれます。それらはすべて神経細胞に直接影響を及ぼし、情報を処理して脳に保存するために使用されます。それらの最適な相互作用を通じて、神経伝達物質は精神的パフォーマンスを促進し、したがって記憶能力も促進することができます。それらの増加した形成と分布はまた、より良い身体的幸福につながる可能性があり、これはまた、抗ストレス効果または改善されたストレス耐性と呼ばれることもあります。

 

痛みの感覚と抗炎症効果の低下

ロディオラは「幸福ホルモン」の形成を刺激することができるようです。これらのホルモンの効果は明ら​​かです:それらは一時的に肉体的および精神的な回復力を大幅に増加させることができますが、同時に痛みの感覚を減らします。

ここで、狭義の幸福ホルモンは、エンドルフィンとしても知られている体自身のアヘン剤にすぎません。ハーブのアヘン剤とは異なり、体自身のエンドルフィンは無害です。これは、ローズルートによる物理的パフォーマンスの向上の正当化を終わらせるものではありません。

すでにコルチゾン製剤を服用している人なら誰でも、この物質がとりわけ炎症に対して使用されていることを知っています。多くの人が知らないこと:脳は副腎皮質刺激ホルモン(略してACTH)と呼ばれるメッセンジャー物質を生成します。ACTHは副腎皮質に作用します。これは、体自身のコルチゾンが形成され、放出される場所です。

したがって、コルチゾンは体自体によって生成される可能性があり、少量では有害ではありません。それは抗炎症効果があります。

さまざまな研究により、ロディオラの根がACTHの産生を刺激し、副腎皮質を介してより多くの抗炎症性コルチゾンを形成できることが示されています。この効果は、たとえばマラソンの後など、身体運動後に再生期間が短縮される理由を説明することができます。これの間接的な結果は、回復時間が短縮されるため、物理的なパフォーマンスが向上することです。

しかし一方で、高用量のロディオラと4ヶ月以上の治療は逆効果につながる可能性があることも観察されています。その後、コルチゾンの産生が減少します。

rhodiola

ロディオラについての科学データ

薬用部位
Rhodiola rosea 根

主成分
フェニルプロパノイド(ロサビン、ロシンおよびロサリン、ロサリンの一般的な名称に含まれる)、フェニルエタノールの誘導体(サリドロシドまたはロジオロシドおよびチロソル)、フラボノイド(ロジオニン、ロジウム

薬理作用
アダプテン(身体機能を正常化し、ストレスによって損なわれたシステムを強化する能力に関連する概念)、細胞保護剤、抗うつ剤および不安緩解、抗酸化剤、抗炎症剤および免疫調節剤。

適応症/推奨事項
疲労や脱力などの無力症の症状を緩和

投与量/使用方法
成人および高齢者向けに、1日あたり144〜400 mgの乾燥抽出物(1.5〜5:1、エタノール67〜70%)を経口投与することを定めています。

注意事項
妊娠中や授乳中、または子供での使用の安全性は確立されていません。