一般に、強心配糖体は、酸素の必要性を増やすことなく、心筋の効率を改善します。これにより、心臓は体の周りに十分な量の血液を送り出すことができ、肺や四肢に水分がたまらないようにします。

これらの強力で魅力的な成分は、さまざまな薬用植物に見られます。特に、ジギトキシンやコンバラトキシンなどの強心配糖体は、心臓に強力な直接作用を及ぼし、心臓が機能しなくなったときの収縮率をサポートします。それらはまた著しく利尿性であり、尿産生を刺激するのを助け、したがって組織および循環系からの体液の除去を増加させます。

強心配糖体は一般に、心不全、特に心房細動と上室性頻拍の異常を治療するために使用され、心筋(心筋)がその働きを実行する能力を向上させます。内部で摂取すると、収縮期の力と心筋の収縮が増加し、正の変力作用(心臓の収縮力の増加)、負の変時作用(心拍数の低下とAV接合部での伝導速度の低下)が増加します。静脈還流、血管収縮および心室排出に対する抵抗の減少、および心筋の酸素必要量を上げることなく全体的な心臓出力の増加。

細胞レベルでは、強心配糖体が細胞膜に作用してナトリウム/カリウムATPaseを阻害し、細胞内カルシウム濃度を上昇させ、それによって心筋収縮のより大きな力を可能にします。さらに、レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系の活性化が低下し、カテコールアミンの循環レベルが低下するため、血管系全体の血圧が低下します。

強心配糖体が豊富なハーブの使用は、安全域が狭く、高用量では悪心、嘔吐、下痢、視力の黄変、錯乱、頭痛、不整脈、心室性期外収縮、徐脈、房室ブロックを引き起こす可能性があるため、細心の注意が必要です。これらの配糖体の溶解度と除去率は低くなる傾向があり、高レベルが体内で容易に発生し、潜在的に非常に危険になる可能性があります。それらを使用するには、利尿、血圧、心拍数、血清カリウムレベルを頻繁に監視する必要があります。

血中のカリウムレベルを低下させる薬(利尿薬、下剤、コルチコステロイド、一部の抗生物質など)は、強心配糖体の効力と潜在的な毒性を高めます。同時薬物使用の禁忌には、 フェノバルビタール、キニン、スルファサラジン、ベラパミル、アミオダロンが含まれます。