植物を安全に使用する

  1. Home
  2. /
  3. ハーブの学び
  4. /
  5. ハーブの有効活用
  6. /
  7. 植物を安全に使用する

自然なことすべてが無害というわけではありません。いくつかの植物は有害であり、ハーブ療法は、誤って保管したり、誤認したり、特定の薬と組み合わせたりすると有害になる可能性があります。

薬用植物はすべて無害ではありません

すべての植物が無害であるという考えは間違っています。有毒な植物も存在していて、偶発的な中毒の話がたくさんあります。
古代では、キョウチクトウの枝で食べ物を調理した後、ギリシャ人の軍隊全体が一掃されました。最近では、ピレネー地域での生存運動中に解放された空挺部隊が、トリカブトのナペルの根を食物として食べた後に死亡しました。フランスでは、スターアニス(中国産の星型のアニス)を2001年に禁止しました。けいれん発作の原因となる可能性のある有害成分を含んでいるからです。

薬用植物と薬の間の相互作用のリスク

ハーブ療法と合成薬を使用する治療法を組み合わせることができます。しかし、植物と合成薬の間の相互作用のリスクは現実的であるため、この種の組み合わせを自分で行うことはお勧めしません。たとえば、軽度のうつ病を緩和するために使用されるセントジョンズワートは、抗凝血剤や経口避妊薬(ピル)を含む多くの薬の効果を低下させる可能性があります。イチョウ、ニンニク、生姜などの他のハーブは、経口抗凝固薬の効果を高め、出血のリスクを高めます。

薬用植物に対する多くの禁忌

いくつかの植物は、例えば、鉄、カルシウムまたは亜鉛の腸管吸収を減少させてしまいます。アスピリンにアレルギーのある人は、ヤナギ、メドウスィートなどのサリチル酸塩を含むハーブ療法の服用を避ける必要があります。てんかんを患っている人は、芳香植物の使用を控えます。

アーティチョーク、ローズマリー、黒大根、タンポポなどの胆管植物(胆汁の排出を促進する)は、胆管が閉塞している場合には推奨されません。ホルモン依存性のがん(乳がんや子宮頸がんなど)の場合、レッドクローバー、ブラックコホシュ、大豆などのエストロゲン作用のある植物は禁忌です。

あなたのメディカルハーブ使用についてあなたの医者に知らせることを決して忘れないでください。
セルフメディケーションのためにハーブ療法(薬、栄養補助食品)を服用するときは、医師または薬剤師にそれを伝えることが重要です。また、手術を受ける前に少なくとも3週間はハーブ療法の服用をやめるのが最善です。確かに、多くの植物は血液凝固を混乱させる可能性があります。

妊娠中および授乳中の女性は、ハーブ療法を受ける前に必ず相談する必要があります。最後に、慢性疾患のある人や長期治療を受けている人は、このタイプの製品を使用する前に、必ず医師または薬剤師にアドバイスを求める必要があります。