ハーブの植物成分

植物の科学

ハーバリストにとって、これらは植物の有効成分であり、明確で定義可能な生理学的、したがっておそらく身体に対する医学的活動を有する化学物質です。これらの成分と体内でのそれらの作用は、それらの薬理学とも呼ばれ ます。

植物の他の部分から分離して化学成分と作用を知ることは、植物自体の活動について私たちに多くを教えてくれません。これは、治療の全体的な文脈の中で行われる限り、そのような植物成分を研究することの価値を否定するものではありません。

植物化学には、光合成、植物の呼吸、構造、成長、発達、生殖の奇跡が含まれます。生命の化学的基礎の多くは、植物と動物の両方に共通しています。全体論的な観点から、植物全体は、科学の分析的理解を超えた、統合された生物学的に進化したユニットとして尊重されなければなりません。

 

植物成分

生理学的に活性な植物成分は通常、特定の作用ではなく化学構造によって分類されます。ここでのリストは、ある程度の化学的知識を前提としています。


アルコール
炭水化物
フェノールとフェノール配糖体
タンニン
クマリンとその配糖体
アントラキノンとその配糖体
フラボンとフラボノイド配糖体
揮発性オイル
サポニン
強心配糖体
青酸配糖体
苦み物質
アルカロイド