植物薬

いちごの乾燥葉。フランス薬局方には根茎も含まれていた。

主な成分

葉が凝縮し、加水分解性タンニン及びフラボノイド、アスコルビン酸、トリテルペンアルコール、カリウム塩及び精油の痕跡を含みます。
根茎には凝縮したタンニン(フランス薬局方によると8%)および加水分解物、カリウム塩およびフラガノールが含まれています。

薬理作用

タンニン含量は収斂作用(抗下痢および抗炎症 – 防腐作用)を与える。一般的には、クレンジングおよび利尿剤の特性もそれに起因する。動物モデルでは、主として、そのポリフェノール含有量を、血管拡張活性を示しており、一酸化窒素およびシクロオキシゲナーゼを介して媒介されます。

適応

その有効性が十分に文書化されていないため、委員会Eは、この薬物の治療適用を推奨していません。点滴中または点滴用の混合物での使用には、委員会E許容可能な食品添加物によって考慮されます。
一般に使用され、傷、潰瘍、口内炎、咽頭炎、眼瞼炎、結膜炎および外陰膣炎は、発疹を治療するために、局所適用には、イチゴの葉から調製されています。内部では、それは伝統的に、月経と体重を減らすための援助として、抗菌性トニック化阻害剤、代謝を刺激し、浄化作用として下痢、肝疾患、風邪、痛風、関節炎、ストレス、心血管腎疾患(尿路結石症)の条件や発熱の治療に使用されます。

使用方法

人気のある用途:
輸液、1gの細かく切断された薬物、1日に数回、下痢止めとして。
根の煎じ薬と根茎2%、沸騰30分。1日に3本以上の眼鏡を服用してください。
外用の場合は、3%煎じ薬(洗濯液、うがい薬、うがい薬、点眼剤、眼球洗浄剤など)。

禁忌

薬物に対する過敏症。胃炎、胃十二指腸潰瘍。

副作用

タンニンは胃粘膜を刺激する可能性があります。

ワイルドストロベリーリーフ通販 めありさんのハーブ