ミルクシスル シード – Silybum marianum

ミルクシスル シード – Silybum marianum ミルクシスルは肝臓の問題を助けるための確固たる評判を持っています。 このことは植物に掲載された多くの科学論文で確認されています。 1597年の植物学のアナトミーでは、ミルクシスルは「憂鬱病に対する最善の治療法」と語っています。 中世ではミルクシスルの葉と茎がサラダ、スープ、パイに使われ、葉は最高のキャベツを上回ると言われていました。 頭部も食べられました。 ほとんどの場合、頭皮は煮て、アーティチョークのように扱われました。 最近の研究は、特に肝臓および血液の問題の治療ならびに腸の浄化のために、ミルクシスルの治癒力を支持しさ


◆ -- この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。 ログインしてください。 -- ◆

既存ユーザのログイン