これらの薬草は、温度の点で冷たいものから熱いものまであります。彼らの味は通常、苦い、熱い、または甘いです。これらの薬草は、痙攣性で落ち着きのある、しばしば降圧効果があり、肝臓の陽を下げます。
内肝臓風は二次的な病原性因子であり、肝臓陽の上昇、肝臓の火または肝臓の血液の欠乏を燃やすことに加えて、強い感情的な影響、ストレス、過度の運動または過度のアルコール消費から生じる可能性があります。
対応する薬草は、不調和パターンに応じて組み合わされます。

薬用ハーブの例:

カモミール(Chamomilla recutita)、ジャマイカハナミズキ(Piscidia piscipula)、セイヨウカンボク(Viburnum opulus)

臨床症状:

上行する肝臓-陽または肝臓-火による内風:
片頭痛、めまい、高血圧、光に対する過敏症、言語障害、失語症、舌のこわばり、発作、震え、知覚異常、アポプレキシー、片麻痺、てんかん
舌:赤、乾燥、運動制限、片側への引っ張り、震え; 覆い:肝臓の昇順-陽:完全にまたは部分的に覆いなし。肝臓の火:黄色、乾燥
脈拍:しなやか、急速; 上行肝臓陽:薄い; 肝臓の火:

肝臓の血液不足による完全な内風:
重度のかゆみを伴う蕁麻疹、四肢の震え、チック、筋肉のけいれん、けいれん、けいれん、麻痺、めまい、視覚障害、言語障害、吃音、舌のこわばり、てんかん、無痛性
舌:青白い、震える; コーティング:コーティングがほとんどまたはまったくない、乾燥
脈拍:薄い

——————————————–

執筆:竹内 めあり ハーブの香り主宰者

——————————————–