オオバコ – Plantago lanceolata

オオバコ(ヘラオオバコ)

オオバコ Plantago lanceolata オオバコ科 葉

アレルギーに対して最も推奨される植物は間違いなくヘラオオバコです。ビタミンAとBが豊富なオオバコには、アピゲニンやその他の貴重な抗炎症、抗アレルギー、気管支拡張物質が含まれています。さらに、それは防腐剤と去痰剤です。
日本で薬草茶のオオバコ茶とは異なります。ヘラオオバコ、あるいは、プランテーンなどとも呼ばれているオオバコです。

ヘラオオバコ
[WHOとEUの欧州医薬品庁が認定しているオオバコ]
(Plantago lanceolata)
plantain-lancheolata
オオバコ
(Plantago asiatica)
plantain

 

オオバコ(ヘラオオバコ)の健康上のメリット

古代の多くの偉大な医師は、薬用植物としてヘラオオバコ(Plantago lanceolata)を推奨しました。それは、熱と炎症に対抗することが早くから発見されました。

ヘラオオバコは、炎症への影響で薬草として常に知られています。今日、薬用植物の内服は炎症を起こした気管支に適しており、喉の痛み、咳、乾いた咳を和らげ、和らげることができることは明らかです。口や喉の炎症にも役立ちます。オオバコを外用すると、炎症を起こした肌に役立つことが証明されています 。

ドイツ連邦医薬品医療機器研究所の委員会Eおよび国立植物療法学会(ESCOP)の欧州傘下組織は、口と喉の粘膜の適用分野でのヘラオオバコハーブの治療的使用を推奨しています。

気道を強化し、乾いた咳を和らげます

ヘラオオバコは、最も一般的なネイティブの野生のハーブの1つです。鎮静作用と抗炎症作用があります。内部で使用される場合、ヘラオオバコハーブは気道の炎症性疾患に非常に適しており、口と喉の炎症にも治癒効果があります。外用すると、有効成分が炎症を起こした肌に役立つことが証明されています。民間療法では、ヘラオオバコは伝統的に気道を強化するために、最初の傷のケアのために、そして虫刺されのために使用されます。

咳や気管支炎などの呼吸器疾患だけでなく、口や喉の炎症(喉の痛みなど)でも、鎮静作用(咳)と抗炎症作用を備えた粘液のおかげで、ヘラオオバコは働きます。また、創傷治癒を促進します。

植物の粘液は膨潤して保護層を形成し、炎症を起こした喉を外部の影響から保護し、咳の衝動を和らげます。タンニンは同じ機能を果たします。このようにして、喉の領域のバクテリアは撃退されて殺されます。

ヘラオオバコに含まれているシリカはまた、創傷治癒を促進します。それは気道の結合組織を強化し、それによって他の成分の活動を積極的にサポートすることができます。

WHO・欧州薬局庁データ

主成分: イリドイド配糖体(特にオーキュビンとカタルポール)、粘液、フェニルエタノイド、ケイ酸、フラボノイド、タンニン、苦味物質、ヒドロキシクマリン、フェノールカルボン酸が高い割合で含まれています。

薬理: エモリエント作用、抗炎症活性、胃保護効果を高め、粘液分泌を増加させ、酸分泌を減少させることが示されています。

適応: オオバコの葉と地上部の準備は、主に上気道状態で使用。口腔および咽頭の炎症の対症療法および空咳のため。炎症性皮膚疾患に対する外部からの使用。

使用方法:ハーブティー

成人、青年、および高齢者:3-6 g /日。 子供:1-4歳、1-2 g /日; 4-10年、2-4 g /日; 10-16歳、3-6 g /日。

 

Don`t copy text!