パッション フラワー – Passiflora incarnata

パッション フラワー – Passiflora incarnata

商品カテゴリー: 

パッション フラワー ハーブティー

パッション フラワー は、しっかりと眠りたい人におススメのハーブ。
パッション フラワー は、心身力を強くたくましくしてくれる西インドに自生のハーブ。
ストレス過多のときによく飲むお茶です。
フラボノイドが寝る前の不安や緊張緩和をさせてくれます。


パッションフラワー

多年草のつる性の植物で、白か紫の花びらに、紫色あるいはピンクの花冠を持った花が咲きます。
葉と茎が民間薬として用いられます。
中央アメリカや南アメリカの先住民は、このハーブを打撲傷の痛みと腫れにシップとして使ったり、
不安やいらいらを和らげる目的で、ハーブティーとして飲んでいました。

現在は、イギリスでは最も人気のあるハーブティーの1つとなっています。

どんな病気に効くのか

不眠症

パッションフラワーの葉は、眠りに誘う働きがあります。

神経症

不安やいらいらをやわらげ、緊張を取り除く効果があります。
不安に伴う憂鬱な気分を改善します。
パッションフラワーの葉のハーブティーは、神経症の治癒にも用いられています。

自律神経失調症、過敏性腸症候群

めまい、動悸、肩こり、体のほてり、発汗のある自律神経失調症と、
ストレスがかかると腹痛と下痢を起こす過敏性腸症候群ですが、

パッションフラワーの葉は、緊張をやわらげますので、
これらの心身症にも効果があります。

薬理作用

パッションフラワーに含まれるフラボノイドのクリシンは、
抗不安薬と同じように、抗不安薬がくっつくベンゾジアゼビンにくっついて効果を発揮します。

これは、不安をとり除く脳内物質のギャバがA受容体にくっつきやすくなり、不安が和らぐのです。

パッションフラワーはこの作用により、不安を改善させて眠りに誘います。

欧州医薬品庁(EMA)は、精神的ストレスの軽い症状を和らげ、眠りにつくために、伝統的な使用を承認しています。

薬物相互作用

抗凝固薬、ベンゾジアゼビン系の抗不安薬や睡眠薬とは一緒に飲まないでください。

適応

欧州医薬品庁(EMA)は、
精神的ストレスの軽い症状を和らげ、眠りにつくために、伝統的な使用を承認しています。
落ち着きがなく、落ち着きがなく、不安定で眠りにくい場合に推奨されます。

抗不安作用は、異なる臨床研究によって支持されています。アヘン禁断症状の心理的症状の治療におけるパッションフラワーの有効性のために、依存症治療中の65人のアヘン中毒者に、無作為化と二重盲検の対照試験を行った。両方の治療は、パッションフラワーによる治療は、精神的な禁断症状の治療よりも有意に高かったです。
手術前の不安を減らすのにパッションフラワーの有用性を示してきたいくつかの研究を行ってきました。無作為化、二重盲検とも、パッションフラワー500mgの経口前処置は、鎮静作用を誘導または精神運動機能の変化を引き起こすことなく、術前の不安を軽減することが示されました。
また、閉経後の女性におけるほてりを減少させるのに有用であることが判明しています。

オススメの用途

ハーブティー:
ある程度カットされたパッションフラワーのティースプーン1杯(2g)を沸騰した水のカップ(150ml)で沸かし、情熱フラワーティーを10分間カバーする。その後、ハーブをストレーナーでろ過します。

投与量
1日中は2〜3杯のお茶を飲んでください。または、穏やかな夜の睡眠のためには、就寝前に約30分ほどかかります。

サプリ:
パッションフラワーハーブ抽出物は、錠剤、カプセルおよび液体抽出物(鎮静剤)の形態で完成医薬品として入手可能である。他の有効成分と組み合わせて、それらは主に、鎮静剤および心臓剤として錠剤および糖衣錠の形態で入手可能。

パッションフラワーは、不安と鎮痙成分のために眠りにくく、不安感や過敏症に対して有効であることが証明されています。

パッションフラワー