カレンデュラ – Calendula – Calendula officinalis L.

薬用成分

カレンデュラの花には、フラボノイド、トリテルペンアルコール、トリテルペンサポニン、カロテノイド、多糖類、精油が含まれています。

承認されている使用

欧州医薬品庁(EMA):口腔および喉の炎症、治癒傾向の悪い創傷

ハーブ医薬品委員会HMPC:皮膚および軽い傷の軽い炎症を治癒し、口および喉の軽度の炎症を治療するために外部的に使用する伝統的な薬草使用としてキンセンカ花を分類

ドイツコミッションE:口腔および喉の炎症、治癒傾向の悪い創傷

ハーブティーとして

1 – 2gのカレンデュラの花に150mlの温水を注ぎ、5〜10分間放置してください。
あるいは、うがい薬とうがい薬のためにお使いください。

副作用

まれな皮膚刺激

助言

キク科にアレルギーがある人は、カレンデュラの花びらを避けるべきです。
妊娠中および授乳中および12歳未満の小児での使用のための安全性に関する研究はまだ行われていない。

カレンデュラ 竹内めありの店


欧州医薬品庁(EMA)は、欧州連合の専門機関のひとつで欧州医薬品の審査庁。
EUの医薬品の科学的評価、監督、安全性監視を担当しています。EU市場で入手可能なすべての医薬品が安全で効果的で高品質であることを保証することにより、EU加盟国28カ国とEU加盟国の公衆衛生および動物衛生を保護します。

Herbal Medicinal Products(HMPC)委員会は、ハーブ物質、製剤および組み合わせに関する科学的データを編集し評価する欧州医薬品庁(EMA)の、ハーブの分野の科学者で構成されている委員会です。
2004年9月、独自の医薬品委員会「ハーブ医薬品に関する作業部会」に取って代わりました。

ドイツ委員会Eは、1978年に設立されたドイツ連邦食品医薬品局(FDA)の「BundesinstitutfürArzneimittel und Medizinprodukte」の科学諮問委員会。
ドイツで伝統的な使用と、ドイツで許可された医学的処方のためのハーブの安全性と有効性を評価する380のモノグラフを、1984年から1994年の間に編集し出版。その後更新されていません。

当店代表の竹内めあり氏は、バルセロナ大学薬学部の、上記のEMAで更新されている最新ハーブモノグラフと、それを裏付ける最新の世界中の論文を閲覧できる許可を得て、翻訳しています。EMAには、HMPCとドイツ委員会Eのデータも含まれます。