セントジョンズワート – St.JohnsWord – Hypericum perforatum L.

薬用成分

セントジョンズワートには、ヒペリシン(ナフチジントロン)、ハイパーフォリン(フロログルカディンバート)、フラボノイドおよびビフラボンが含まれています。

承認されている使用

欧州医薬品庁(EMA):
a)十分に確立された使用
– 軽度から中等度のうつ病エピソードの治療(ICD-10による)。
– 軽度うつ病の症状の短期治療。
b)伝統的な使用:
– 精神的疲労の一時的状態の緩和。
– 日焼けや表面的な創傷など、皮膚の軽度の炎症の症状的な治療。
ハーブ医薬品委員会HMPC:十分に確立医薬用途」として、抑うつ障害の短期治療のために軽度および中等度のうつ病の治療のためのセントジョンズワートを受け入れました。

ドイツコミッションE:心理的栄養障害、うつ病、不安および/または神経の不安。消化不良愁訴のためのセントジョンズワート油の調製

ハーブティーとして

“伝統的な使用”の応用分野では、セントジョンズのハーブティーも摂取することができます。セントジョンズワート2〜4gの単回投与、1日用量:6〜12g。

副作用

まれに、時々アレルギー性皮膚反応、疲労、不安、または胃腸の苦情。

助言

セントジョンズワートは光増感特性(ヒペリシン含量)を有する。したがって、ハイピルムの高用量のフェアスキンの人々は、光に対する感受性の増加に反応する可能性があり、従って、日光に曝されてはならない。妊娠中および授乳中にセントジョンズを摂取することは推奨されていません。なぜなら、安全性についての経験はまだないからです。また、18歳未満の小児および青少年にその使用に関する所見はない。


セントジョーンズワート は、ヨーロッパ、アジア、米国を含む世界の多くの地域で発見されており、黄色、5枚の花びらと小さな楕円形の黄緑色の葉に特徴的な多年生植物です。

セントジョンズは森林、牧草地、道路脇、牧草地で見られます。

十字軍の戦場で傷のためのハーブとして使用したエルサレムの聖ヨハネの騎士からその名前を取ったと信じている人もいれば、聖ヨハネの日に伝統的に6月に採集された24日とも言われています。

セントジョンズは、2000年以上にわたって神経障害を治療するために使用されてきました。
古代ギリシャやローマでは、傷や傷跡、熱傷、挫傷、神経痛などの治癒療法として人気がありました。


現在、1,700人以上の患者に関する少なくとも30の研究により、セントジョーンズが気分障害の有効な治療法であり、より従来の抗うつ薬の副作用がないことが示されている。

セントジョンズワートは、閉経時に気分が悪い女性に役立ち、ブラックコホシュと一緒に飲むことで更年期の気分変動を緩和するのに特に効果的です。

欧州医薬品庁(EMA)は、短期間の軽度から中等度のうつや、うつになりがちな傾向にある閉経時のストレス緩和に認めています。


どんな時に効果があるの?

うつ病

セントジョーンズワートは、症状の重さが、軽度から中等程度のうつ病の人に効果があります。
うつ病には、本人の性格と困った出来事とが重なって起こる神経症性うつ病と、
きっかけはあるけれど本人の体質によるものの内因性うつ病があります。

効果がはっきりとわかる二重盲検法では、プラセボ(偽薬)と比較してかなり効果のあることがわかりました。

改善した症状は、抑うつ気分、疲労感、不眠、活動性の低下などの症状です。

セントジョーンズワートに含まれているヒペルフォリンが効くため、と言われています。

イミプラミン、アミトリプチリン、マプロチリンなどの抗うつ薬と、二重盲検法で比較しても、
セントジョーンズワートは、これらの抗うつ薬と同じ程度の効果を持っていました。

しかも、セントジョーンズワートは、薬と比べて副作用が大変少ないこともわかりました。
特に、エスエスアールアイと比較して調べられていますが、フルオキセチンとも比べて、症状を改善する効果は、同じくらいだということがわかりました。

季節性うつ病

北欧のように、昼の時間が極端にも短くなる国に多い病気です。
こちらの詳細は省略します。

更年期障害と月経前緊張症

更年期障害では、ホットフラッシュという顔面の紅潮や発汗が、エストロゲンの減少によって起こります。
このほか、倦怠感、意欲低下、不安、いらいら、頭痛、頭重などの症状が現れます。
この方たちがセントジョーンズワートを飲むとよく効いたという報告があります。

また、月経前緊張症の治療にも用いられ、不安と憂鬱な気分がよくなったと報告されています。

感染症

インフルエンザなどの感染症にも役立ちます。
セントジョーンズワートのもつ、ウイルスや細菌を抑える働きが作用するからです。

セントジョーンワートの薬理作用

ヒペリシンなどのセントジョーンズワートの成分は、不安と関係したギャバA受容体にくっつき、これによってギャバの働きと同じ効果を発揮して不安を取り除きます。

セントジョーンズワートの成分は、気分と関係したオピオイドのミュー受容体とカッパー受容体にくっつき、この働きを強めます。
ミュー受容体とカッパー受容体は脳内モルヒネと言われているオピオイドの受容体です。
うつ病ではミュー受容体の働きが落ちているので、気分が滅入ってしまうのだともいわれているので、セントジョーンズワートのミュー受容体の働きを強める作用が、うつ病の治療に役立つものと考えられています。

セントジョンズワートの投与形態および投与量

ティー
小さじ2(3.5 g)を細かくし、1つのカップ(150 ml)のお湯に浸し、カップにカバーして10分間待つ。その後、ハーブをストレーナーでろ過します。

投与量
毎朝、セントジョンズワートティーを1〜2カップ飲みましょう。

一般に、作用の開始は遅く、治療は少なくとも6週間行わなければならない。この時間までに成功しなければ、治療形式を変更する必要があります。

チンキ
お茶のように、セントジョンズワートのチンキは、軽度から中程度のうつ病に役立ちます。セントジョンズには赤色染料が含まれているため、チンキは明るい赤色または赤褐色に変わります。

準備するには、新鮮で細かく切断したセントジョンズを密封可能な容器に入れ、すべてのハーブが完全に覆われるまでウォッカをハーブに注ぎます。チンキを暖かい場所に2〜6週間放置して、ストレーナーやコーヒーフィルターでハーブをろ過します。完成したチンキをダークドロッパーボトル(薬局で入手可能)に入れ、ボトルにラベルを貼ります。

投与量
1日3回まで20〜30滴のチンキをとります。

 

副作用

セントジョーンズワートの副作用ははるかに少なくまれにしか起こりません。
主なものは、光線過敏症皮膚炎。
ハーブティーでも起こりますので、飲んだ後すぐに日光を浴びないように。

 

セントジョーンズワートが飲んでも効かない場合:

考えられることはいくつかあります。

・ 抱えている不調が、セントジョーンズワートの薬理とは別のもので、原因がほかにある。

・ セントジョーンズワートの有効成分量が一定以上含まれていない、ごく普通のハーブティーやサプリを飲んでいた。
通常のハーブティーは、有効成分が含まれているかどうか不明。
もし、含まれていたとしても一定ではいない。
そのため、セントジョーンズワートの効果が現れるほど飲んでいない。

NOTE:

2000年、厚生労働省が、セントジョーンズワート(西洋オトギリソウ)を取り扱う薬局に対し、副作用についての注意勧告がなされました。
実はこれは、アメリカは、セントジョーンズワートとエキナセアが売り上げNo.1で売り上げが年々飛躍的にアップすることに対し、
それらの効能目的の食品の売り上げが落ち込んだため、食品企業がしかけたことが暴露されました。
ドイツでは、セントジョーンズワートは相変わらずNo.1の人気で、ほかの薬の副作用を重要視することなどなく、済んでいます。
セントジョーンワートは、中期のウツにとても効果のあるハーブです。

セントジョーンズワート 竹内めありの店


欧州医薬品庁(EMA)は、欧州連合の専門機関のひとつで欧州医薬品の審査庁。
EUの医薬品の科学的評価、監督、安全性監視を担当しています。EU市場で入手可能なすべての医薬品が安全で効果的で高品質であることを保証することにより、EU加盟国28カ国とEU加盟国の公衆衛生および動物衛生を保護します。

Herbal Medicinal Products(HMPC)委員会は、ハーブ物質、製剤および組み合わせに関する科学的データを編集し評価する欧州医薬品庁(EMA)の、ハーブの分野の科学者で構成されている委員会です。
2004年9月、独自の医薬品委員会「ハーブ医薬品に関する作業部会」に取って代わりました。

ドイツ委員会Eは、1978年に設立されたドイツ連邦食品医薬品局(FDA)の「BundesinstitutfürArzneimittel und Medizinprodukte」の科学諮問委員会。
ドイツで伝統的な使用と、ドイツで許可された医学的処方のためのハーブの安全性と有効性を評価する380のモノグラフを、1984年から1994年の間に編集し出版。その後更新されていません。

当店代表の竹内めあり氏は、バルセロナ大学薬学部の、上記のEMAで更新されている最新ハーブモノグラフと、それを裏付ける最新の世界中の論文を閲覧できる許可を得て、翻訳しています。EMAには、HMPCとドイツ委員会Eのデータも含まれます。