ヤロウ – yarrow – Achillea millefolium L. s.l.

承認されている使用

欧州医薬品庁(EMA):食欲喪失のために内部的に、胃腸領域における軽度のけいれん性不快感などの消化不良症状; 女性の小さな骨盤内の精神的感情的起源の痛みを伴う痙攣状態のための座浴の形態で外部使用。

ハーブ医薬品委員会HMPC:ヤロウとヤローの花を伝統的な漢方薬に分類

ドイツコミッションE:食欲喪失のために内部的に、胃腸領域における軽度のけいれん性不快感などの消化不良症状; 女性の小さな骨盤内の精神的感情的起源の痛みを伴う痙攣状態のための座浴の形態で外部使用。

ハーブティーとして

食事の間に毎日3〜4回お飲みください。 1日用量:4.5g。

10〜15分後に、細かく切り刻んだヤロウと2カップに150mlのお湯を注ぐ。
座浴には、100gのヤロウハーブを1〜2Lの水に注入します。

副作用

アレルギーにはほとんど触れない(萎縮性皮膚炎)

助言

すでに他の成分にアレルギーがある場合は、ヤロウまたはヤロウの準備を避けなければなりません。現在、妊娠中および授乳中ならびに12歳未満の小児での使用のためのヤロウの適用に関する研究は現在のところない。

ヤロウ 竹内めありの店


ヤロウ は多年生植物で、高さ1メートルまで生長するハーブです。それはKorbblütengewächse(Asteraceae / Compositae)の家族に属し、根茎は丸みを帯びて這います。春に成長し直立した茎は豊かな葉で花がついています。葉は細長く、花は、白またはピンクの花の頭が3から6ミリメートルの幅です。

小さなヤローの花は、ミツバチや蝶に大変人気があり、蜂に優しい庭園に適しています。

ヤロウの植物の医学的に使用される部分の中には、乾燥した花、茎、および葉を有する開花茎の先端からなるハーブがある。ハーブの品質は、欧州医薬品庁によって規制されている。

ヤロウには、精油、苦味のセスキテルペンアルコール、フラボノイドおよびカフェオイルキナ酸が含まれています。

ヤロウの歴史

 「ヤロウとタンポポが繁栄すると、人々にとって良いことだ」

名前でさえ、ギリシャの戦士アキレス、「トロイの前で最も美しく勇敢な戦士」を連想させる。彼を育てた癒しと植物園のカイロンは、不思議に仕える万能薬としてヤロウを勧めたと言われています。アキレスは自分の教えを心に刻み、マイソールの王である負傷したテレフォスをヤロウとともに癒した。

中世には既に広く知られていました。しかし、医学的使用の歴史は古代にまでさかのぼります。PlinyやDiokuridesなどのよく知られているヒーラーは、特に胃や腸のトラブルにヤロウを置く。しかし、婦人科でも止血のために外部でも、薬用植物が使われました。

その後、特に中世薬草専門家であるヒルデガルト・フォン・ビンゲン(Hildegard von Bingen、1098-1179)は、草本植物を非常に高く評価しました。彼女は、熱、鼻血、月経または目の疲れのためにヤロウを勧めました。

ヤロウの文化的重要性は、他の薬用植物は昇天の日、若い新芽の伝統的なハーブ房に属していた間にサラダがいつもあったように調製した、という事実に反映されています。

いくつかの北欧諸国では、ヤロウはビールや魔法の力に変わりました。体に身に着けると悪霊から守られます。

ヤロウハーブの成分

ヤロウの有効成分の成分の中でプロアズレンとカマズレンとフラボノイドを含む、それに含まれるエッセンシャルオイルの主な構成要素です。成分プロアズレンは、抗炎症性の性質を検出することができた。また、しかし、エッセンシャルオイルやフラボノイドの特に相互作用は、鎮痙効果を開発し、消化管に症状を打ち消すヤロウの効果の元です。

消化管を刺激する

若干苦い香りがあるにもかかわらず、ヤロウハーブティーの楽しさは非常に食欲をそそることがあります。これは、含まれているエッセンシャルオイルとフラボノイドのために、舌の味の芽と接触すると、食べ物が近づいているという情報を脳に与えます。脳は様々な腺にシグナルを送り、唾液や胃液の形成を刺激します。同時に、精油は胃の壁を刺激し、胃の動きを確実に増加させる。その結果、身体は、言い換えれば、食糧が提供されることを期待して配置されている。要するに、ヤロウお茶はあなたに食欲を与えます。

胃腸のトラブル

ヤロウハーブの効能決定成分は、苦味セスキテルペンアルコールおよび精油である。
特に、胃痙攣によって発現する過敏な胃ではあるが、胃潰瘍においても、胃の筋肉は痙攣する傾向がある。
ヤロウが使用されるとき、それは筋肉を緩める有効成分の循環強化精油です。さらに、苦味物質は、反射によって唾液、胃液および胆汁などの消化液の形成を刺激するので、その効果に寄与する。結果として、特に、胃のタンパク質および小腸の脂肪は、より迅速に分解され、身体に吸収され得る。従って、胃はより速く空にされ、筋肉はそれによりより良くリラックスすることができる。

腹痛に対する効果

痛みを伴う月経腹部の不快感をけいれんによって明らかにされている(月経困難症)、炎症誘発物質がしばしば関与します。ヤロウは抗炎症性を有することが示されており、特定の組織ホルモンの発生を抑制することができる。これらには、例えば、過剰に放出されると炎症、疼痛およびけいれんを引き起こし得るプロスタグランジンが含まれる。ここでヤロウが介入する。その有効成分は、ホルモン産生に必要な特殊な酵素(小さなタンパク質)が阻害されることを保証します。このメカニズムは、ヤロウが粘膜を通じた吸収を含む発作を積極的に打ち消すことができる理由を説明します。

肌の痛みや粘膜の抗炎症

ヤロウの作用機序素晴らしい、炎症を起こした皮膚 や粘膜のように説明することができ、「腹痛で使用します。」炎症性の創傷であっても、組織ホルモンが関与しており、発赤などの典型的な炎症反応を引き起こす可能性があります。薬用植物の活性成分は、これらの材料の形成を阻害すると同時に、さらに表面にわずかに収斂作用を有することを特徴とする、迅速かつ直接的に損傷した皮膚及び粘膜部位、及び皮膚高速の自己治癒過程の進行に望ましくない病原体を制御することができる免疫系。
欧州医薬品庁(EMA)は、食欲不振、軽い胃腸のトラブル、月経に伴う軽度のけいれんに対する使用を承認しています。

ヤロウ は、血液循環をよくして毒素を一掃し血中の細菌と戦ってくれます。
血管拡張作用もあり、加齢とともに生じやすい身体の不調をサポートしてくれる代表的なハーブです。

ほかに、伝統的な女性のハーブで、月経を和らげるために使用されます。
苦味性質と脂肪酸は、胆汁の流れ(胆道効果と呼ばれる)を促進し、消化を改善します。
また、ヤロウは、風邪のシーズンにも最適。
カビ、ほこり、花粉およびフケにより引き起こされる風邪およびアレルギーに起因する鼻詰まりの治療に有用な収斂作用を有する天然の充血除去剤および去痰薬として使用されています。

 

ヤロウハーブティーの飲み方

食欲不振の場合は、3〜4杯のヤロウ茶を毎日飲みましょう。
例えば口中での粘膜傷害の場合、冷却された茶はすすぎまたはうがいに適している。


欧州医薬品庁(EMA)は、欧州連合の専門機関のひとつで欧州医薬品の審査庁。
EUの医薬品の科学的評価、監督、安全性監視を担当しています。EU市場で入手可能なすべての医薬品が安全で効果的で高品質であることを保証することにより、EU加盟国28カ国とEU加盟国の公衆衛生および動物衛生を保護します。

Herbal Medicinal Products(HMPC)委員会は、ハーブ物質、製剤および組み合わせに関する科学的データを編集し評価する欧州医薬品庁(EMA)の、ハーブの分野の科学者で構成されている委員会です。
2004年9月、独自の医薬品委員会「ハーブ医薬品に関する作業部会」に取って代わりました。

ドイツ委員会Eは、1978年に設立されたドイツ連邦食品医薬品局(FDA)の「BundesinstitutfürArzneimittel und Medizinprodukte」の科学諮問委員会。
ドイツで伝統的な使用と、ドイツで許可された医学的処方のためのハーブの安全性と有効性を評価する380のモノグラフを、1984年から1994年の間に編集し出版。その後更新されていません。

当店代表の竹内めあり氏は、バルセロナ大学薬学部の、上記のEMAで更新されている最新ハーブモノグラフと、それを裏付ける最新の世界中の論文を閲覧できる許可を得て、翻訳しています。EMAには、HMPCとドイツ委員会Eのデータも含まれます。