あたたまる

 

温める、というのは、最近の日本だけ?

「冷えている」「冷たい」

そう思うのは、日本人だけ?

 

実は、その、日本もここ数十年の話し。

それまで、日本も「温まるための」もの、は、ありませんでした。

寒い季節は寒いのはあたりまえ。手足が冷たくなるのはあたりまえ、でした。

 

今も外国では、そういう考えです。

北欧の人たちでさえ。

ですから、「温まるための」もの、がありません。

寒いときは、寒いことや冷たいことは、あたりまえなので、それが、おかしい、とか、病気とも思いません。

日本も、少なくとも30年ほど前までは、ほかの国と同じでした。

 

では、なぜ、「温まるもの」がこんなに日本で広がっているのでしょう。

まず、第一は、ある本が出版されてから、です。

 

そこへ、様々な業界が、新しい品物を生むことができる!とばかり、

温まるものが、あふれるようになりました。

 

贅沢なもので、一度、さむいときは、温めることができる、と知ると、

人は便利なものを手に取りたくなりますね。

 

決して、冷たいことは、おかしいことではないけれど、

体が温まれば、副交感神経優位になって、リラックスできますもの、ね。

 

あ・た・た・め・たい あなたに。

ハーブティーはいずれも、ホットでゆっくり飲めば、

温かさと香りで心がまず癒やされ、そして、体がじんわりとしてきます。

それには、ハーブティーを入れる前のカップは、温めておくこと!が大切ですね。

ホットワインに、エンジョイフルーツティーや、秋のベリーフルーツティーなどを混ぜてもOK!

シナモン、クローブ、カルダモン、ブラックペパーは、アーユルヴェーダでは熱性のあるハーブ。

これらを含む、クリスマスフルーツティーもいいですね!

ほかに、熱性のハーブは、セージバレリアン

 

——————————————–

執筆:竹内 めあり ハーブの香り主宰者

——————————————–