スカルキャップ–今週のハーブ

スカルキャップは、シソ科の顕花植物の属であるScutellariaの一般名です。

これらの植物の小さな花は皿またはヘルメットのような形をしているので、名前はラテン語のscutellaに由来します。これは「小さな皿」を意味します。スカルキャップは、非常に有毒なキノコであるデスキャップと混同しないでください。

根や葉などのスカルキャップのさまざまな部分は、下痢から慢性的な痛みに至るまで、さまざまな病気を治療するためにネイティブアメリカンの医学で使用されてきました。

今日、この植物はサプリメントの形で広く利用可能であり、心臓の健康を高めることから不安を和らげることまで、一連の健康上の利点を提供すると言われています。

この記事では、スカルキャップの使用法、潜在的な健康上の利点、副作用など、スカルキャップについて知っておく必要のあるすべてのことを説明しています。
skullcap2

スカルキャップとは何ですか?どのように使用されますか?

スカルキャップという名前は、アメリカと中国の品種が自然医学で最も一般的に使用されていますが、Scutellariaファミリーのすべての植物を指します。

アメリカのスカルキャップ(Scutellaria lateriflora)は、北米原産の多年草です。花が咲くと、植物は小さな管状の青い花で覆われますが、色はさまざまです。

アメリカのスカルキャップの葉は、鎮静剤として、そして不安やけいれんなどの症状を治療するために、伝統的なハーブ医学で使用されてきました。この植物は、その強力な薬効成分でネイティブアメリカンから高く評価されました。

中国のスカルキャップ(Scutellaria baicalensis)は、日本では薬の原材料として一般販売はできません。

スカルキャップは、カプセル、粉末、および液体抽出物で販売されています。葉などの植物の乾燥した部分は、同様にお茶を淹れるために使用されます。

 

スカルキャップの潜在的な利点

これらの分野のほとんどでの研究は限られていますが、スカルキャップで補うことはいくつかの利点を提供するかもしれません。

1.気分を高め、不安を軽減する可能性があります

スカルキャップは気分を高め、不安の症状を軽減することが示されています。

43人を対象とした研究では、2週間毎日1,050 mgのスカルキャップを摂取した人は、プラセボ群と比較して気分の有意な改善を報告したことがわかりました。

スカルキャップは、神経を落ち着かせるのに役立つ神経伝達物質であるガンマアミノ酪酸(GABA)を刺激することで、気分にプラスの影響を与え、不安を軽減すると考えられています。

特に、この植物は、不眠症や不安症などの症状の鎮静剤や治療法として、伝統的な医療行為で使用されていました。

実際、多くの抗不安薬は、GABA活性を高めることによって同様に機能します。

 

2.抗菌・抗ウイルス効果があります

研究によると、強力な抗ウイルス作用と抗菌作用があります。

マウスの肺におけるXDRAB細菌負荷の低減にも効果的であることを示しました。

 

3.抗炎症および抗癌化合物が含まれています

スカルキャップには、抗酸化作用を持ち、フリーラジカルと呼ばれる分子によって引き起こされる損傷から細胞を保護する抗酸化物質を含む、一連の有益な植物化合物が含まれています。

フリーラジカルと抗酸化物質の不均衡から生じる酸化ストレスは、特定の癌や心臓病などの多くの慢性疾患に関連しています。

特に、スカルキャップのフラボノイド抗酸化物質であるバイカリンは、強力な抗癌効果を示しており、酸化ストレスと戦うのに役立つ可能性があります。

たとえば、テストチューブの研究では、バイカリンは前立腺癌および子宮頸癌細胞の細胞死を誘発しましたが、卵巣癌および膵臓癌細胞の増殖を有意に阻害しました)。

スクテラレインは、試験管研究で強力な抗がん作用を示すもう1つのスカルキャップ化合物です。

さらに、動物実験では、スカルキャップのフラボノイド化合物であるオウゴニンが、アレルギー性鼻炎などの炎症性アレルギー状態の治療に特に効果的であることが明らかになっています。

スカルキャップには他の多くの抗炎症化合物が含まれていることは注目に値します。実際、50を超えるフラボノイドが分離されています。

 

 

4.その他の潜在的なメリット

スカルキャップは、次のような他のいくつかの利点にリンクされています。

  • 抗けいれん効果。スカルキャップを経口補給すると、げっ歯類に抗けいれん効果があることが示されています。
  • 不眠症。スカルキャップに含まれる化合物であるバイカリンは、伝統的な医療行為で不眠症を治療するために使用されます。しかし、研究は不足しています。
  • 神経変性疾患。いくつかの試験管研究は、スカルキャップが神経保護特性を持っている可能性があり、アルツハイマー病やパーキンソン病のような病気から保護する可能性があることを示唆しています。
  • 心臓の健康。ある動物実験では、バイカリン注射により、誘発された心臓発作に関連する損傷が大幅に減少しました。
    これらの効果は有望ですが、スカルキャップがこれらの状態の効果的な治療法であるかどうかを判断するには、さらに研究が必要です。

 

スカルキャップの注意事項

スカルキャップの補給は健康上の利点をもたらすかもしれませんが、それはすべての人に適切であるとは限らず、特定の場合には深刻な副作用を引き起こす可能性があります。

たとえば、一部の人々の肝障害、さらには肝不全に関連しています。とは言うものの、これらのケースは主に、スカルキャップだけでなく、複数のハーブを含むサプリメントに関係していました。

それでも、肝機能に影響を与える状態の人は、この植物を完全に避ける必要があります。

不整脈、チック、不安、眠気、精神錯乱などの副作用を引き起こす可能性があります。

スカルキャップは、抗凝血剤、コレステロール低下薬、シトクロムP450基質薬、鎮痛剤など、多くの一般的な薬と相互作用する可能性があることに注意してください。

さらに、安全性に関する情報が不十分なため、子供や妊娠中または授乳中の女性には、どのタイプのスカルキャップも推奨されません。

さらに、一部のサプリメントには混ぜ物が含まれていることが示されています。他の人は、ラベルに記載されていない成分を含んでいる可能性があります。

他のサプリメントと同様に、スカルキャップを購入するときは注意してください。サードパーティまたは独立した研究所によって認定された信頼できる会社に依存します。

古くからさまざまな病気を治療するためにさまざまな形態が使用されてきましたが、その安全性と有効性に関する人間の研究は不足しています。スカルキャップを含むハーブサプリメントを服用する前に、必ず医療従事者に相談してください。

 

 

結論

スカルキャップは、伝統医学で長い間使用されてきた顕花植物です。

スカルキャップを補給すると、気分の改善、炎症の軽減、抗がん効果など、いくつかの健康上の利点が得られる可能性があります。

しかし、頭蓋骨に関する人間の研究は不足しており、このサプリメントはいくつかの有害な副作用を引き起こす可能性があります。

 

——————————————–

執筆:竹内 めあり ハーブの香り主宰者

——————————————–