内蔵を温め、活力を得るチキンスープ

内蔵を温め、活力を得るチキンスープをご紹介しましょう。

すでに風邪を引いている場合は、ご飯や野菜のスープなどの軽い食べ物だけを食べる方が良いでしょう。チキンスープの調理時間は1時間から最大4時間くらいまで煮込んで作ります。

スープで得られる効果

  1. 腸、腎臓、肝臓を強化します。
  2. 血液に栄養を与えます。
  3. 全身の脱力感や疲労感から開放し、強化します。
  4. 防衛力を強化します。

B202112031

材料:

パセリ
皮をむいたビートルート
ジュニパー
チキン
人参
セロリ
ラディッシュ
ジンジャー
ネギまたはタマネギ

スープの味にプラスしたい場合は、アニスシナモン、クローブ、コリアンダー、コショウ、クミンなどの辛すぎないスパイスが特に適しています。

作り方:

1.野菜を洗い、大きく切ります。

2.チキンを鍋に入れ、お湯を注いで数分煮込みます。

3.鍋に再びお湯(3〜4リットル以上)を注ぎ、にんじん、セロリ、ラディッシュを加え、ネギ/タマネギ、生姜、ほんの少しの塩をスープに加えます。

4.次にパセリ根、ジュニパーベリーを入れます。ほかに、マジョラム、ローズマリー、セイボリーなど、他の好きなハーブを使用することもできます。細かいハーブは、だしパックに入れてください。

5.スープが1時間以上調理されたら、最後にすべてを止めて野菜を取り出します。その後、お好みで4時間まで煮込み続けることができます。パセリの葉は、食べる直前にふりかけてください。

——————————————–

執筆:竹内 めあり ハーブの香り主宰者

——————————————–