都会の暮らしでもスローリビング

ゆっくりとした生活は、より生産的になるために、逆説的に気分が良くなるのに役立ちます。

B202201028

もっと集中してみましょう

あなたは間違いなく早く終了し、間違いを犯す心配が少なくなり、次のエンゲージメントに進むときにすぐにそれを忘れてしまうかもしれません。

マルチタスキングよりシングルタスク。いつも急いで、遅れを避けるために走る代わりに、30分早く起きて静かに一日を始めることができます。

やることリストを作成することもできるので、何かを忘れることを恐れずに集中する心をクリアにします。

スローリビング(スローライフ)は平和に生きることです。

特に大都市で私たちが現在持っている生活のスピードは、工業化と消費主義によって達成されました。

このため、ゆっくりとした生活は自然と密接に関係しています。自然のリズムに従うこと で、より有機的な方法であなたの有機体とライフスタイルを調整することが可能です。

自然とゆっくりとした生活の間のもう一つのつながりは、田舎や屋外で過ごすことにあります。

植物はその地域の質を高め、その緑色はリラックス効果があります。したがって、ゆっくりとした生活は、自然と接触することをお勧めします。これは、仕事の疲労やその他のストレスの原因から回復するためです。

しかし、すべての人が自然の多い環境で暮らすことはできないかもしれません。

B202201029

街でゆっくり生活することは可能ですか?

スローリビングのゆっくりとした生活を送るということは、ある日から次の日にあなたの人生を根本的に変えることを意味するのではありません。田舎での生活は静けさを好むのは事実ですが、都会でゆっくりとした生活を実践し、幸福を見つけることもできます。

スローリビングホーム

ゆっくりと暮らせる家のことです。あなたがどこに住んでいても、あなたはいつでもあなたの家にゆっくりとした生活を好む平和のオアシスを作ることができます。

これを行うには、いくつかの簡単な予防策で十分です。たとえば 、環境に配慮した素材で作られた家具の購入やハンドメイドで。

庭がない場合は、キッチンやバルコニーで小さな野菜の庭を育てることができます。すでに述べたように、自然はゆっくりとした生活の基本であるため、屋内の植物で家を飾ることもできます。

お茶を飲んだり本を読んだり、落ち葉や花が咲く音を聞きましょう。
薬用植物の種まき、ガーデニング、ヨガの瞑想や練習。星を見たり、音楽のリズムに合わせて踊ったりする時間を忘れてしまいます。

アパートに住んでいても、ゆっくりと生活するために、家の隅を見つけて、リラックスして好きなことをすることができます。書く、読む、目を閉じて音楽を聴くなどです。

都会でゆっくりと生活するということは、自分の人生と時間を取り戻すことができる環境を作ることを意味します。

B202201027

スローリビングを実践する他の方法

マインドフルネス

マインドフルネスは、仏教に触発されていますが、それは世俗的な慣習です。それで誰もがその信念に関係なく瞑想をすることができます。

あなたは瞑想に1日5分か10分を捧げることから始めることができます。スローライフの一部は達成可能な目標を設定することです。最初は完了するのが難しいので、1時間の瞑想から始めないでください。

その瞬間に生きるというゆっくりとした生活の目的を果たすことができるようになります。

スローリーディング

年間何冊の本を読みますか。1分間に何語読むことができますか?これらは、速い生活の論理に従う統計です。代わりにゆっくりとした生活では、読書はゆったりと読む時間になります。

言い換えれば、それは量に対する読書の質を評価します。

スロートラベル

スロートラベルまたはスローツーリズムは、人が訪問している場所の地元の文化に没頭するために時間をかける旅行の一形態です。

スローライフ哲学からヒントを得たこの観光へのアプローチは、あなたがその場所を生きて体験するためにあなたの通常の生活から切り離すことを可能にします。観光することはなく、その場に長期に暮らしたり、ゆったりと過ごします。

旅は、あなたがどのように感じ、何がその瞬間にあなたの注意を引くかに応じて、経験によって形作られます。

ゆっくりとした生活の一環として、ゆっくりとした旅行はあなたの幸福を促進し、訪問する場所の単純なチェックリストであるかのように場所をチェックする他の人の期待と競争しないようにします。

スローリビングで目標も達成しやすくなる

結論として、あなたが目標を達成することができないと感じるならば、スローリビングはあなたのためです。マルチタスクをやめて、1つずつじっくりゆっくりと集中することで、あなたの目標も達成することができます。

——————————————–

執筆:竹内 めあり ハーブの香り主宰者

——————————————–