情熱、または才能の種を植える

才能を特定するために、子供時代を思い出すことがあります。

その意図は、私たちがいた子供を目覚めさせ、想像力にあまり多くの制約を課さなかった人生の時代に自分自身を投影することです。

私たち一人一人は、私たちの成長の年を埋め、「母」や「美容師」の非常に切望された職業から「宇宙飛行士」や「科学者」の多くの輝かしいキャリアに至るまでの「私が成長するとき私はする」のリストを覚えています。それらは、数ヶ月続くか持続する可能性のあるインスピレーションであり、私たちが思春期を経るにつれて、現場で体験する活動に変わりました。

不注意で才能の芽を無駄にしたことがありますか?長年の経験を持つ今日、私たちが自分自身を実現するために特定しようとしているのと同じ才能?私たちは間違った道を歩みましたか?

B202101111

才能についての危険な誤解

「その時私が持っていたら…」という後悔は、怒りを伴うだけでなく、表面的、気を散らした、または怠惰であったことに対する罪悪感も伴います。

心配しないでください。
才能は、’情熱’でした。違いはなんでしょう。日常の言葉で私たちは多くの混乱を引き起こします。

情熱:語源レベルでは、ギリシャの哀愁の起源は非常に明確であり、苦しみだけでなく強い感情も示しています。私たちの言語では、情熱は欲望、理性に反対する精神、したがって深刻な苦しみの担い手をも示します。

才能:それはtàlantonというギリシャ語から来ています。それは、重量やお金を得ることを意味しました。抽象化により自然なスキルと解釈するようになりました。才能は責任感とコミットメントを呼び起こすだけでなく、個人の本物の充実感も呼び起こします。

才能と情熱は必ずしも互いに関連しているわけではありません。そうだとすると、私たちが若い頃に想像したように、関係は一次方程式ではないかもしれません。私たちの若者の誤解は、才能と情熱を一致させたいという単純な願望にあることがよくあります。

情熱がどのようなものであるか、またはそれを育てることによって達成できる才能が何であるかを理解できないために、情熱が放棄されることがよくあります。

好きなことが仕事になって活き活きと生きるには、情熱に従い、才​​能を利用し、人生の中でそれらを表現し、プロの道へ変えることに成功することです。

B202101112

視点を変えて情熱を広げましょう

情熱が個々の道で果たしてきた役割は、大切なテーマ(情熱)であり持っていた才能を凝固させることです。

この観点から、子供、青年、そして大人として私たちを興奮させたものを再発見することは、私たちの期待を裏切る可能性のある素反応に頼ることなく、私たちの才能をどこに適用するかを発見するための基本的なステップです。

私たちの情熱についてもっと何かを発見し、私たちが大好きなことを中心に才能を伸ばすことです。

才能を訓練する

私たちは知識、スキル、喜びの面で最大の結果を達成したいと考えています。いくつかのルールを設定しましょう。

1.才能は決して偽物ではありません

トレーニングは、シミュレーションに直面する方が良いです。体験の繰り返し。なぜなら、それぞれの繰り返しは改善するための賭けだからです。

2.才能は決して眠らない

もしあなたがたまたま「明日は訓練する代わりに休むよ!」と思ったら。または「私は休みを取っています」多分それはいくつかの反省をする時間です。才能を訓練することは私たちを幸せにする活動であり、それは努力を要せず、私たちは決して止まることはありません。休む必要があることは、私たちに警告する貴重な警告です。これは本当に私が訓練したい才能ですか?このプログラムは私と私の人生に適していますか?

B202101113

3.才能は養われなければなりません

トレーニングは単に運動の繰り返しではなく、研究、調査、そして分析です。才能と創造力は、その可能性を使い果たしないようにするために、新しい刺激によって活気づけられなければなりません。直感のおかげで、ある側面を深めるか、別のトピックで「気を散らす」かを簡単に判断できます。

4.才能は個人的なものです

私たちは周りの人々に私たちの才能を説明する必要はありません、それは私たちの最も貴重な部分です。他人の判断から解放されてはじめて、自分のエネルギーと脆弱性の創造力を表現することができます。

5.才能は世界への責任です

才能は運命が私たちに託した贈り物です。それを成長させ、強化し、それが生み出す利益を確実に共有しましょう。私たちの才能が生み出すもの、才能の「製品」だけでなく、あなたの活動が私たち社会にもたらしす利益も共有する必要があります。

——————————————–

執筆:竹内 めあり ハーブの香り主宰者

——————————————–