より幸せな加齢のためにもっと運動する

COVID-19のパンデミックが続く中、私たちは以前よりも早く老化していると感じるかもしれません。それは思ったほど奇妙ではありません。老化の加速はいくつかの要因から生じる可能性があり、そのいくつかはパンデミックによって強調されています。感染症、慢性ストレス、孤独への曝露はすべて、老化プロセスに影響を及ぼし、健康状態を悪化させ、寿命を縮める可能性があります。

B202202061

老化プロセスに影響を与える可能性があるのは、遺伝子やシグナル伝達経路だけではありません。過去20年間に発表された研究の増加は、老化がカロリー制限や薬理学的介入などの行動の変化によっても影響を受ける可能性があることを示唆しています。これらの外的要因は、寿命(誰かが生きる期間)と健康期間(健康を維持する期間)の両方を変える可能性があります。

科学者は、血液や組織のサンプルを使用して、人の細胞の年齢を年代順の年齢と比較できるようになりました。研究では、健康状態の悪化、痛みの増加、早死のリスクの増加と、小さいながらも有意な相関関係があることが示されています。

テキサス大学MDアンダーソンがんセンター(ヒューストン)のがん生物学研究者であるロナルド・デピーニョは、老化は細胞の死や老化、組織の炎症、代謝機能障害などの一連の変性状態に関連していると述べています。これらは、ミトコンドリア機能、細胞コミュニケーション、DNA修復およびその他のプロセスの崩壊に起因します。

B202202062

要因の1つ、ストレス

テキサス大学オースティン校の神経科学者であるローラ・フォンケンは、ウイルス自体に感染したことがない人でも、COVID-19のパンデミックはストレスを感じています。特にすでにストレスにさらされている人にとってはそうです。失業、健康への懸念、そして愛する人の病気と死は、病気自体にかなりの不安を加えています。

ストレスはまた、老化の加速に寄与する可能性がある、と研究は示唆しています。長期間にわたって経験すると、心臓病、糖尿病、癌の蔓延、その他の慢性疾患と関連があります。そして、生理学的反応は若くして始まる可能性があります。

B202202063

より幸せな老後のためにもっと運動する

全面的に、医師はすべての年齢の人々の幸福を高めるために運動を促進します。しかし、新しいデータは、これらの利点が特に高齢者に顕著である可能性があることを示唆しています。

英国とスペインの大学と病院の研究者は、世界保健機関の世界的な老化と成人の健康に関する研究(SAGE)で、6つの低中所得国の65歳以上の14,585人のサンプルからデータを取得しました。 SAGE研究では、参加者は3年間にわたって定期的に自分の幸せを評価するように求められ、「非常に不幸」から「非常に幸せ」までの5つの選択肢から選択しました。SAGE管理者は、各参加者が、活発なウォーキング、サイクリング、テニスなどのアクティビティを含む、週に少なくとも150分の適度な運動の推奨ガイドラインを満たしているかどうかも記録しました。

英国とスペインのチームは、新しい分析で、身体活動の測定で得点が高いほど、時間の経過とともに幸せになったと報告しました。定期的に運動ガイドラインを満たしている人の半数以上が幸せまたは非常に幸せを感じていると報告しましたが、ガイドラインを満たしていない人の15%だけが肯定的に自分自身を述べました。

高齢者の運動と幸福の関係を説明するためにいくつかの要因が提案されていますが、研究者は、運動制限、睡眠不足、不安などの要因が高齢者の運動能力に影響を与える可能性があることを認めています。

以前の研究では、運動がエンドルフィンの放出を引き起こし、それが幸福感を促進することが示されています。運動はまた、ガンマアミノ酪酸(GABA)や内在性カンナビノイドなどの落ち着きを誘発する脳内化学物質を誘発し、不安を和らげるのに役立ちます。最後に、活動的な人々は、年齢を重ねるにつれて認知機能の低下に屈する可能性が低くなります。

前出のロナルド・デピーニョ氏によると、1日わずか15分の運動で平均余命が5年長くなり、アルツハイマー病、癌、糖尿病などの加齢性疾患の発生率が14%減少する可能性があります。瞑想はコルチゾールレベルを下げることができ、健康的な体重を維持することで炎症反応を落ち着かせることができ、果物や野菜が豊富な食事は酸化ストレスの影響を打ち消すことができます。禁煙も効果があり、十分な質の高い睡眠をとることで、急速な老化を防ぐことができます。

——————————————–

執筆:ハーブの香り

——————————————–