筋肉の回復と運動パフォーマンスの指標に対するカカオフラバノールの効果

運動誘発性筋肉損傷は、酸化ストレスと炎症、筋肉痛、および筋肉機能の低下に関連しています。ココアフラバノールは、抗酸化作用と抗炎症作用を持つ(ポリ)フェノールであるため、運動誘発性筋肉損傷の症状を軽減する可能性があります。
B202105251

激しい運動は、酸化ストレスにつながる大量の活性酸素種を生成する可能性があります。生成される活性酸素種は、細胞呼吸の増加、および/または好中球のような免疫細胞に起因すると考えられています。運動誘発性筋肉損傷後に筋肉に蓄積する白血球は呼吸バーストを引き起こし、それによってマクロファージと好中球が大量の活性酸素種を生成して細胞の破片を溶解し、再生を開始します。しかし、このプロセス中に、活性酸素種は近くの健康な組織でも脂質過酸化を誘発する可能性があることが提案されています。隣接する細胞へのこの損傷がEIMDに寄与する可能性があると考えられており、激しい運動後数日間、筋肉機能の低下と筋肉痛の増加が続く理由を少なくとも部分的に説明しています。
B202105252

運動誘発性筋肉損傷は、遅発性筋肉痛、筋肉機能障害、炎症の増加など、さまざまな負の症状に関連しています。その結果、回復を加速することを目的とした回復介入の使用がますます普及している。激しい運動後の回復補助剤としての非栄養性化合物(ポリ)フェノールの効果に新たな関心が集まっています。栄養補助食品としての人気がアスリートやレクリエーションエクササイザーで高まっているのは、おそらくこれらの植物ベースの生物活性化合物が多くの追加の健康上の利点を持っているためです。
B202105253

吸収とバイオアベイラビリティを最大化するために、ココアフラバノールは固体ではなく飲料の一部として摂取できます(たとえば、固体のダークチョコレートの代わりに高フラバノール粉末を飲料に溶解します)。

ダークチョコレート固形物または高フラバノール飲料の形でのココアフラバノールの亜慢性(約7〜14日)補給は、運動による酸化ストレスを軽減し、運動中の疲労を遅らせて長時間のパフォーマンスを可能にする可能性があります。
B202105254

スポーツ科学回復医学 2021/8公開 リアムコー、アダムフィールド、デボラ・プファル、トムクリフォード、リアム・D・ハーパー&ロバートJ.ノートン

——————————————–

執筆:ハーブの香り

——————————————–