ネトルはタンパク質豊富で、肥料としても。

雑草の女王、ネトルは今日私たちの皿に戻ってきました。 驚くべき抗酸化物質であり、葉緑素、タンパク質、ビタミン、ミネラル塩が非常に豊富で、春の食べ物としては最高の活力と活力を与えます。

雑草になる前は、ネトルはそれ自体が野菜であり、2,000年前に、ローマの自然主義者プリニウス長老による60のレシピですでに登場していました。 19世紀まで庭で栽培されていましたが、植民地から持ち帰った野菜が到着するにつれて、徐々に皿から追い出されていきました。 それは、それが不足の時にだけ調理されたので、それから貧困の代名詞になりました。
ネトル

今日、この料理の遺産は、その健康上の利点とその風味の両方のために、私たちのメニューに復活を遂げています。 ピレーネ地方の羊飼いはもちろん、スープを作るために数個のジャガイモを持って山の牧草地に登りました。 ネトルは苦くはありませんが、甘く、滑らかでしっとりしています。 生または調理済みで、それは多くの料理の準備に役立ちます。蒸し、いくつかの玉ねぎとオリーブオイルで簡単にパンフライ、おいしいペスト、クリーミーなスープ、クーリでキッチとタルトを飾る、ラサーニャ、パン、マッシュポテト、そしてゼリーやジャムでも!

ネトルが葉緑素で最も濃縮された植物の1つであることを知っているときは不思議ではありません(その重量の最大52%)。 「これにより、タンパク質、ビタミン、ミネラル塩、微量元素が非常に豊富な食品になります」と、創設者であるネトル協会内で分析を行ったバーナード・ベルトランは続けます。ピレネー山脈からの若い芽で行われたこれらの分析は、現在の参考文献のデータを補足します。ホウ素、マンガン、亜鉛、銅、マグネシウム、カリウム、カルシウム、鉄、タンパク質がネトルに豊富に含まれています。ネトルはアミノ酸の非常にバランスの取れた供給を持っています。ネトルは、ブルーベリーや赤キャベツの前に、抗酸化食品のリストのトップにもなります。

この栄養豊富なネトルは、最も活気のある食品の1つとして位置付けられています。 「この植物は健康の本当のカクテルであり、その再石灰化特性は作用することができます。

フランスでは、2015年にネトル肥料が正式に認められました。食物を栽培するのにも栄養豊富なネトルは人間だけの植物ではなく、地球全体に必要無ハーブですね。

 

——————————————–

執筆:竹内 めあり ハーブの香り主宰者

——————————————–