肩の痛みのための家庭薬-冷やす?温める?

スポーツをしたり、重い買い物袋を家に持ち帰ったりして、突然肩が痛くなったことがありますか?すべての人の約70%が人生で少なくとも一度は肩の痛みに苦しんでいるため、首や上腕に放射状に広がることがある肩の領域の不満はあなただけではありません。肩の痛みは、たとえば関節の摩耗や裂傷が原因で、急性または慢性の場合があります。

厚生労働省の「国民生活基礎調査」2019年 によると、日本人の有訴者率(自覚症状を訴える人の割合)で、肩こり症状は男性で1000人中57.2人、女性で1000人中113.8人が訴えています。

ほぼ10人に1人が急性および慢性の肩の痛みに苦しんでいます。肩関節の炎症、摩耗や裂傷(関節症)の兆候、筋肉や怪我の緊張、その他の多くの原因により、肩の凍結を含む肩の痛みが生じる可能性があります。

B202207061

肩の痛みや緊張について何ができますか?

急性の肩の痛みのほとんどの場合は、筋トレなどの運動や重労働などからの熱を持つ痛みで、冷やすために薬局からのジクロフェナクやイブプロフェンなどの市販の鎮痛剤が最初に痛みを和らげるために服用されます。急性の痛みを抑えられるようになったら、肩関節の痛みと炎症を治療し、可動性を回復するために、肩のさらなる治療法と的を絞った運動が使用されます。

あるいは、痛みや炎症を防ぐのに役立つ日常生活のための多くの家庭薬やヒントもあります。これには、たとえば、冷熱または熱による治療、クリーム、ペースト、チンキ剤、自然由来の有効成分を含むマッサージオイル、正しい睡眠の位置と姿勢が含まれます。

軽度の肩の痛みの場合は、最初に自然な家庭療法で肩の炎症と痛みを和らげることができます。エプソム塩または薬用植物セントジョーンズワートからの有効成分を含む軟膏を含む温浴は、化学薬品の優れた代替品であり、体に過度の負担をかけません。

以下では、さまざまな家庭薬と肩の痛みに対する日常生活のための最良のヒントを紹介します。

B202207063

肩の痛みの原因

肩の痛みは、年齢、職業、性別の点で大きな違いはありません。考えられる多くの原因に関係なく、女性と男性はほぼ同じ程度に影響を受け、症状はほぼすべての年齢層で発生する可能性があります。若い人では、通常、スポーツによる怪我が苦情の原因ですが、高齢者では、苦情の原因となるのは、より摩耗に関連した肩の変化です。

  • 肩と首の筋肉の緊張(姿勢の悪さ、不適切な緊張、過負荷、片側の緊張)
  • 事故やけが(トラウマ)によるけが
  • 高齢者の傷み
  • 肩関節の変形性関節症(変形性関節症)
  • 肩関節脱臼(肩関節脱臼)
  • 鎖骨の骨折など、転倒や事故による骨折
  • インピンジメント症候群(ボトルネック症候群、肩関節の狭窄)
  • 滑液包の炎症(滑液包炎)
  • 回旋腱板断裂
  • 五十肩
  • 石灰化した肩(石灰沈着性腱板)
  • リウマチ性疾患(関節リウマチ、線維筋痛症)
  • 脊椎の病気(頸椎症候群、椎間板ヘルニア)
  • 胆石発作、心臓発作、肺塞栓症、腫瘍などの付随する症状として肩の痛みを伴う疾患

このコラム記事では、病気や怪我を除く、運動による熱を持つ緊張型肩こりと循環のうっ滞による冷えから起こる慢性的な肩こりについてお話します。痛みを和らげ、炎症を抑制し、可動性を回復します。

肩の痛みに対する非薬物療法

急性および慢性の肩の痛みの薬物治療に加えて、以下の対策を使用することができます。

理学療法(理学療法、運動療法、手技療法)
肩と肩関節を動かし、伸ばし、強化するためのエクササイズ
リラクゼーション法(漸進的筋弛緩法、自律訓練法、ヨガ)
マッサージ、鍼灸、整骨
ハーブ療法

B202207062

急性肩痛および炎症過程の低温適用

家庭療法および理学療法としての冷やす対処は、肩と肩の関節に急性の肩の痛みと炎症がある患者にとって特に有益です。筋肉に熱を持つ痛みの冷やす方法は怪我後のあざを防ぎ、痛みを和らげます。

薬局では冷却軟膏、クリーム、ジェルを購入でき、1日に数回肩にこすりつけることができます。アイスパック、アイスキューブ、冷水での湿布(冷湿布)も痛みを和らげます。

注意:アイスパックや角氷を皮膚に直接置かないでください。常に布で包んでください。凍傷が発生する可能性があります。

ハーブティーでは、冷性タイプのハーブティーで急性の肩の痛みに対処します。

慢性的な肩の痛みと筋肉の緊張に

一方、慢性的な肩と首の領域の痛みと筋肉の緊張には、温かいクリーム、軟膏、オイルは筋肉をリラックスさせ、痛みを和らげます。

ヒートパック、湯たんぽ、赤色光ランプ(赤外線ランプ)、温湿布を使用して、肩の部分を温め、緊張を和らげることもできます。

慢性的な肩の痛みや筋肉の緊張の場合、定期的なフルバス、スチームバス、サウナセッションなどの熱源も、体、心、魂に有益でリラックスできる効果をもたらします。

ハーブティーでは、内蔵全体の血の流れを促進して身体が温まることにより、慢性的な肩の痛みを原因から取り除く性質のハーブがあります。