血圧を下げるハーブは、ハイビスカスティー

ある研究では、高血圧と戦うためのハイビスカスティーのハーブティーを評価しました。

高血圧(従来の薬物治療の有無にかかわらず)の121人の患者のグループは2つに分けられました。最初のグループは習慣を変えず、2番目のグループは毎日ハイビスカス煎じ薬を摂取しました。

B202207182

投与量は500mlあたり10グラムのハイビスカスから始まり、必要に応じて1リットルあたり20gまで増やします。6週間後、「ハイビスカスグループ」の参加者の62%が理想的な血圧目標(130/90 mmHg未満)に到達しましたが、ハイビスカスハーブティーを使用しないグループではわずか7%でした。すべて、重大な副作用や従来の治療法との相互作用はありません。したがって、研究者によると、ハイビスカスハーブティーは、従来の治療法を補完する、または代替の降圧薬になる可能性があります。

B202207181

ハイビスカスとレモンバーベナのハーブティーでも血圧が下がる

スペインの無作為化プラセボ対照二重盲検試験では、最近、ハイビスカス抽出物とレモンバーベナの混合物を服用した場合の高血圧の血圧への影響が評価されました。

これらの2つの植物にはアントシアニンとポリフェノールが含まれているため降圧効果があります。

したがって、正常高値血圧または18〜65歳の1型高血圧症の80人は、毎日、ハイビスカスとバーベナの1:2割合のハーブティーまたはプラセボを84日間投与されました。
参加者の昼と夜の血圧測定を行った後、プラセボと比較して、植物抽出物の消費が収縮期血圧を大幅に低下させる(3%低下させる)ことを発見しました。

——————————————–

執筆:竹内 めあり ハーブの香り主宰者

——————————————–