カフェインを摂りすぎた時の対処法

カフェインはどのくらいが多すぎるのか

カフェインの代謝は人それぞれ。これは、遺伝学、年齢、体重、耐性、および肝臓のすべてが、カフェインを処理する速度に影響を与えるためです。

「カフェインへの反応はさまざまですが、400ミリグラム以上は一般的に成人にとって過剰と見なされる量です」と、心臓電気生理学者であり、ワシントン大学医学心臓研究所の心臓リズム障害の専門家であるアルン シュリハー氏は述べています。

そして、カフェインの最大許容量は大人と子供の間で異なることを知っておくことが重要です。

「子供は体重が少ないため、その影響を受けやすくなります。そのため、子供の過度の使用には注意が必要です」と シュリハー氏は言います。

コーヒー中のカフェインの測定値を標準化するのは困難です。なぜなら、それは豆の起源、風味、焙煎と挽き方、さらには水温、抽出時間、そしてお分かりのとおりです。しかし、典型的な淹れたてのコーヒーにはカフェインレベルがあります。 65 – 120 mg、エスプレッソのショットは 30 – 50 mgの範囲です。これは、コーヒーの量ではなくて、カフェインの量のことです。

「量が多すぎるという普遍的な設定点ではなく、通常とは異なる量を摂取したときに悪影響を経験します」とシュリハー氏は言います。

コーヒーだけでなく、スナックバー、ソーダ、ボトル入り飲料水、エナジードリンク、市販の頭痛薬、PMS 薬など、すべてカフェインが含まれている可能性があります。

B202208271

カフェインの取り過ぎによる症状

カフェインは興奮剤です。そのため、朝の目覚めに役立ちます。そして、それはあなたがそれを好きな理由の大きな部分です。

足の震え以外にも、カフェインの摂りすぎには他にも兆候があります。発汗や落ち着きのなさなどの比較的軽度の症状から、吐き気、下痢、不安などの不快な症状までさまざまです。

幸いなことに、これらの症状のほとんどは不快なものですが、生命を危険にさらすことはありません。一方、心血管症状には注意が必要です。

カフェインが心臓に与える影響

カフェインは心拍数を刺激し、一時的に血圧を上昇させます。そして、ほとんどの人にとって、これは問題ではありません。

しかし、既存の心臓病を持っている人は誰でも(既知かどうかに関係なく)、過剰なカフェインは急速で不規則な心拍リズムを引き起こし、突然の心停止につながる可能性があります。

「カフェインの摂取量が多いと、人々は多くの鼓動がスキップされたり、ドキドキしたり、心拍数が著しく速くなったりします。 心拍数が不規則であったり、非常に高いレートで動かなくなったり、症状が圧倒されたり、めまいや失神を感じたりする場合は、緊急治療室に行く必要があります」とシュリハー氏は言います。

めまいは、体が脳に十分な血液を送り込んでいないことを示している可能性があるためです。

症状が圧倒的ではなく、めまいも含まれていないが、それでも心配な場合は、代わりに医師に相談して検査を受けることができます、と彼は言います。

また、カフェインはこれらの状態を引き起こす可能性があるため、既存の不整脈または発作障害がある場合は、カフェインの摂取について医師と話し合う必要があります。

カフェインは不安を助長する可能性があります

極度の緊張感を生み出すのは、神経系に対するカフェインの影響です。しかし、不安の素因がある場合は、その神経質さがさらに不安を感じさせる可能性があります。

「震えは、そのように準備された人にとっては不安のように感じます」と シュリハー氏は言います。

あなたが経験する心臓の症状は、この不安に加わる可能性があります。

「心臓がドキドキするのを感じると、不安が増し、パニックに陥る可能性があります」と シュリハー氏は言います。

したがって、不安やパニック発作の素因がある場合、カフェインはそれらの感情を悪化させる可能性があります。 つまり、おそらく心臓発作を起こしているわけではなく、心臓発作と不安神経症の違いを見分けるのに苦労しているということです。

気分を良くするためにできること

二日酔いから回復するのと同じように、カフェインの過剰摂取が完全に治るまで待つ必要があります。これには 4 ~ 6 時間かかる可能性があると シュリハー氏は言います。

しかし、あなたが待っている間、ここに役立つかもしれないことがいくつかあります。

今日はこれ以上カフェインを摂取しないでください。当たり前のことのように思えますが、チョコレートで覆われたいつもの午後のスナックバーを誤ってうっかり食べてしまわないように注意してください。

1.水を飲みましょう。

カフェインには利尿作用があるため、おしっこの量を補うために余分な水を飲む必要があります。不快感に脱水症状を加えたくありません。

2.電解質を多く含むフルーツティーを飲んでください。

胃の調子が悪くなったり、下痢をしたりすると、水分だけでなく電解質も失われます。それらを フルーツティーのような電解質代替溶液に置き換えることができます。

3.散歩してください。

エネルギーが溜まっていると感じたら、散歩に出かけましょう。しかし、心拍数が急激に上昇するなど、心拍数に何か異常が起きていることに気付いた場合は、停止してください。

4.深呼吸を練習します。

不安を感じている場合は、呼吸が速くて浅い可能性が高く、不安がさらに増すだけです。ゆっくり、深く、意図的に呼吸をして、呼吸を正常に戻し、不安を軽減します。

カフェインの摂りすぎに注意のまとめ

1.カフェインは興奮剤なので、イライラします。
2.400 ミリグラムを超えるカフェインは多すぎます。
3.たくさんの水を飲み、散歩をし、深呼吸をします。
4.重大な症状が発生した場合は、緊急治療室に行きます。

——————————————–

執筆:ハーブの香り

——————————————–