倦怠感の原因と取り除くハーブ

” 私は疲れを感じる “。しかし、私たちが不満を言うこの倦怠感はどこから来るのでしょうか?どうしても戦うべきなのか、飼いならすべきなのか?医師、栄養士、自然療法医は、私たちを弱体化させるこの状態に圧倒されないように、私たちの体から送信された信号を解読する方法を学びましょう。

1.ホルモンの変動と食事の減少

私たちの体では、ホルモン系が重要な役割を果たしています。それが誤動作したり、緊張したりすると、疲労感が現れます。性腺、副腎、甲状腺の3つの主要なホルモン軸が特に私たちのエネルギーに影響を与えます。性腺は、プロゲステロン、アンドロゲン(テストステロンを含む)、および性別に応じてさまざまなレベルのエストロゲンを生成します。エストロゲンは、エネルギーに不可欠なタンパク質の構築を開始します。副腎と甲状腺は、私たちの生物を外界から来る妨害や情報に適応させるという主な機能を持っています。「副腎は、アドレナリン、コルチコステロイド、アルドステロンを分泌することにより、その瞬間の生存を管理します。甲状腺は、T3ホルモンで一日、T4ホルモンで一週間、そしてコロイドで四分の一にさえ必要なエネルギーを提供します」と、一般開業医で予防および統合の内因性研究所の所長であるジャン・クリストフ・シャリエは解説します。

これらの腺のバランスが崩れると、適応の役割を十分に果たせなくなり、体がより壊れやすくなります。

ジンセンを含むハーブティー

2.甲状腺刺激ホルモンが強すぎる

倦怠感が私たちの士気に重くのしかかるとき、戦う、奮闘、保持することで私たちの生活を妨げる障害と見なしています。その場合の目的は、コーヒー、または調子のための製品でそれを取り除くことです。

B202205231

問題を逆行させたらどうなるでしょうか。「まず私たちの倦怠感を聞いて味方にしましょう」と、倦怠感を専門とする催眠療法士のレオナルド・アンソニーは提案します。相談に応じて、彼は人々に後者を貴重な指標と見なすように導きます。それは私たちに別の時空を開きます。したがって、それはすでに私たちの生活の仕方に関する情報を私たちに与える存在の状態を歓迎するために:仕事のペースがあまりにも過剰であり、家族、日常のロジスティクスと仕事を管理するための強い圧力、または逆に、社会によって強化された空虚、孤独ネットワークなどがレッドゾーンに入ると、中枢神経系がパニックになり、バッテリーが空になっている理由がわからなくなります。

明らかに、倦怠感は多因子ですが、正しい作用機序を見つけるために、問題がどこから来ているのかを特定し、神経質、精神的、知的疲労感を区別するために時間をかけてみましょう。

神経性または精神的倦怠感は、特に「神経衰弱」、もはや制御されていない過敏性、または潜在的な眠気によって現れます。

体の自己修復メカニズム(内因性)に多くの研究をしているジャン・クリストフ・シャリエ博士によると、この状態は「気分の良い伝達物質のレベルで過熱されている自律神経系からの圧力に起因します。とりわけ消化とホルモンのバランスを管理するのにすでに過剰な場合、中枢神経系に適切に機能できなくなります。」

この欠乏は、視床下部の機能に直接影響を与える倦怠感を引き起こします。しかし、脳のこの領域は私たちの創造性に不可欠であり、それはポジティブな思考ではなく暗い思考を生み出す傾向があります。これを回避するには、視床下部によって生成されるTRH(甲状腺刺激ホルモン)をルーズにする必要があります。

視床下部は、創造性を養うことによって大脳皮質に作用します。シャリエ博士は、ハーブティー、チンキなどで甲状腺刺激ホルモンを助ける特定の植物を推奨しています。家から外に出て自分自身に瞬間を与えることによって、この神経質な疲労を解放することも重要です。

甲状腺刺激ホルモンを穏やかにするハーブ

レモンバーム(Melissa officinalis)
レモンバームは、神経質な睡眠障害および胃腸の愁訴のために内部で使用するためにドイツ委員会Eによって承認されています。レモンバームは、TSHに結合し、その受容体への結合を防ぎ、その後の甲状腺ホルモンの生成と放出を防ぐことにより、invitroで抗甲状腺活性を示すことが示されています。

 

倦怠感のほかの理由とオススメのハーブの記事

——————————————–

執筆:竹内 めあり ハーブの香り主宰者

——————————————–