エキナセア3種の違い

エキナセアの種類は、世界中で500種類以上ある中で、薬効が認められているのは、3種類。

Echinacea angustifoliaEchinacea purpurea、Echinacea pallida。
日本語読みでは、エキナセアアングスティフォリア、エキナセアプルプレア、エキナセアパリダといいます。

 

エキナセア3種の特性

いずれも同じキク科であり、医薬評価は、5分の5です。

この属の植物は、おそらく北米インディアンのハーブ療法の中で最も頻繁に使用されていました。それらには非常に幅広い用途があり、これらの用途の多くは現代科学によって確認されています。この種は属の中で最も簡単に栽培されているため、より一般的にその薬用に採用されています。

この植物は免疫系に一般的な刺激効果があり、現代のハーブ療法で広く使用されています。ドイツでは、200以上の医薬品がエキナセアから作られています。根および植物全体は、コルチゾン様および抗菌活性を有する、ただれ、傷、火傷などの治療に特に有益であると考えられています。この植物は、あらゆるタイプの昆虫の咬傷と刺傷を治療するための普遍的な応用として、北米インディアンによって使用されました。植物の注入は、蛇刺傷の治療にも使用されました。

秋に収穫され、後で使用するために乾燥されます。
根源はアダプトゲン、代替、防腐剤、浄化剤、消化剤、唾液分泌促進薬です。

風邪、咳、気管支炎、発熱、風邪、尿路感染症、口と咽頭の炎症、感染、傷、火傷に対する耐性を高めます。

この3種の違いについて述べます。

 

Echinacea angustifolia(エキナセアアングスティフォリア)

Echinacea angustifoliaは、世界で最も重要な薬草の1つです。

研究では、免疫系を刺激することで細菌やウイルスの感染に対する身体の抵抗力を高める能力があることが示されています。また、抗生物質であり、アレルギーを緩和するのに役立ちます。

WHOでは、3種の中で最も感染予防として認められているエキナセア

 

Echinacea purpurea(エキナセアプルプレア)

Echinacea purpureaは、ドイツでは1番人気の種類。アーユルヴェーダ医学でもその使用が採用されています。

 

Echinacea pallida(エキナセアパリダ)

この種はE. angustifoliaよりも活性が低いと考えられています。それらには非常に幅広い用途があり、これらの用途の多くは現代科学によって確認されています。この植物は免疫系に一般的な刺激効果があり、現代のハーブ療法で広く使用されています。まれにしか見かけることができません。