極寒からのハーブ、ロディオラ

ロディオラは最近人気のハーブ。ストレスに対する体の自然な反応をサポートするためにサプリやハーブティーで利用されています。

Rhodiola

ロディオラは、地球上で最も寒く過酷な地域のいくつかに自生しています。シベリア、北極圏、中国北部など、ただ極寒というだけでなく、山がちで石の多い丈夫な土壌がある場所。ロディオラの花は派手ではありません。むしろ多肉植物のよう。そして、ロディオラは強風に当たらないように低い位置で育ちます。強い根を張り、その根は世界中の薬草学者に利用されています。

伝統的には人々が家から出て野生のロディオラを摘み取ります。この場合、それは北極圏や亜北極圏の丘陵地帯で探すことを意味します。

何十年もの間、私たちのロディオラはロシアと中国の国境付近で採れるものでした。しかし近年、ロディオラの人気が高まり、価格がかなり上昇。新たな野生ハーブ乱獲者が市場に参入し、その中にはより疑わしい原料を使う業者も含まれるようになりました。そのため、品質が不安定になったため、私たちは野生種メーカーをやめ、栽培種を探しました。

そんな折、スカンディナヴィアとカナダ北部で一風変わったことをやろうとしているコミュニティに出会いました。彼らはロディオラを栽培しているのです。自分たちで有機栽培し、世話をしています。そのプロセスには長い時間がかかります。まず作物を定着させ、次に収穫の時期、乾燥方法、遠いシベリアの野生種と同じ植物化学組成を持つようにする方法を考えなければならない。など。

そのロディオラ、ハーブティーで試してみませんか?


ロディオラを含むハーブティー

ロディオラ

Don`t copy text!