Blog20200316

糖尿病性神経障害に対するクルクミン

その領域の神経の損傷によって引き起こされる神経痛は、糖尿病の一般的な訴えです(これは糖尿病性神経障害と呼ばれます)。症状は、手足のしびれ、筋肉痛、手足の灼熱痛などの幅広い症状に及びます。痛みのない刺激(毛布など)(異痛症)に伴う痛みや、軽度の痛みを伴う刺激(痛覚過敏)に対する過剰な反応も典型的です。軽度の症状は不快で重度であるため、患者の生活の質を大幅に低下させます。この病気に対するより新しく効果的な治療法を見つけることは緊急の課題です。

Blog20200316

ウコンの地下部に大量に見られるクルクミンの抗酸化、抗菌、神経保護特性は、すでに文献に記載されています。糖尿病性神経障害におけるクルクミンの適用性は、いくつかの研究グループによって調査されていますが、作用のメカニズムはまだ解明されていません。鎮痛作用の可能な経路の1つは、μ-オピオイド受容体にも影響を与える可能性があります。

動物研究におけるオピオイド受容体の潜在的な関与が調査されています。ラットでは、ストレプトゾトシンは糖尿病を誘発しました。1つのグループはクルクミンのみで治療され、もう1つのグループはクルクミンとナロキソンで治療されました。この研究では、赤外線ランプによる熱痛覚過敏と機械的異痛の影響を調査しました。対照群、糖尿病群および治療群の結果は、統計的方法により評価されました。

熱痛覚過敏試験では、クルクミン処理動物の応答時間は、対照群および糖尿病群と比較して有意に延長されました。機械的異痛症の研究では、クルクミン治療群のペーシング能力は、対照群および糖尿病群のペーシング能力よりも有意に高かった。

クルクミンとクルクミンとナキソロンで治療した2つのグループの結果を比較すると、熱痛覚過敏抑制効果が低下していることがわかりました。ナロキソンは、アヘン剤のような薬剤を中和する化合物です。この現象は、μ-オピオイド受容体がクルクミンの鎮痛作用のメカニズムに関与している可能性が高いことを示唆しています。