B20200823

飲むエネルギーをハーブで。

19世紀から20世紀の間に暮らした折衷的な学者であるルドルフシュタイナーによると、地球はすべての生物と同じように呼吸する生物です。

私たちの惑星の呼吸は、瞑想中に続く呼吸のように、4回の呼吸になります。吸い込む、一時停止、吐き出す、一時停止。シュタイナーは、このように地球の呼吸を四季に関連付けていました。

  • インスピレーション=秋:地球がすべてのエネルギーを吸い込み、収集して「取り込む」季節
  • 一時停止=冬:地球が停止する平和と休息の期間、最も精神的で瞑想的な季節
  • 有効期限=春:地球がすべてのエネルギーを放出し、植生と動物を目覚めさせ、交配と新しい誕生の季節を開くとき
  • 一時停止=夏:好都合な気候を楽しむだけでなく、冬の準備についても考えなければならない果物の時間

このビジョンによれば、確かに魅力的で詩的ですが、春に創造的に働き、夏には生産性を高め、秋には摂食し、冬は精神性と内面性に専念する必要があります。実際、12月には多くの現在および過去の文化が非常に重要な宗教的な祝日があります。

一方、現代の生活はこれらのリズムを完全に混乱させており、今日の人々は夏に休み、残りは一生懸命働いています。
地球のエネルギーの流れから離れることは、異常で相当なエネルギーの消費を必要とするため、人間にとって非常に大事なことです。このエネルギー不足は、特に春に感じられます。冬の怠惰に対抗する努力の後で、私たちは自分たちが爆発的な春の活動に対処しなければならないことに気づくからです。

エネルギー不足の問題は、肉体だけに関係するのではありません。人間は動物のように自然に構築され、主要な生命活動、つまり食物を探すために作られた物理的構造を持っています。
また、この場合、現代の生活は自然の計画を混乱させ、人間は肉体的な強さをほとんど使用せず、ほとんどの時間を精神活動に費やしています。

自然は失われたエネルギーを取り戻すための多くの可能性を提供します:私たちの細胞の「余分な燃料」として働く果物、ハーブ、ミネラル、ビタミン。

ビタミン:

ビタミンは代謝反応の「触媒」として機能し、実験室での反応が不可能になる可能性があります。ビタミン欠乏症は、特に冬の日差し、屋外の空気、新鮮な野菜が不足しているために起こり、体の生命機能が低下し、疲労や全身倦怠感が現れます。アロエ、スピルリナ藻、天然フルーツジュースはすべて、ビタミンの重要な供給源です。季節の果物と野菜のフレッシュジュースはビタミン爆弾です。ハーブでは、ローズヒップや柿の葉が代表。

リミネラライザー:

ミネラル塩も私たちの体にとって非常に重要です。調理は多くの有用な塩を分散させるため、工業用食品を消費し、新鮮な季節の野菜や果物、特に生を食べない場合、それらの欠乏に悩まされがちです。アロエ、スピルリナ、マカ、発酵パパイヤなどの多くの有用な塩を含む植物と同様に、カリウムとマグネシウムはフィット感を感じるために不可欠です。

アダプトゲン:

これらはストレスの多い状況に「適応」するのに役立つハーブです。肉体的な疲労感を和らげ、精神的なエネルギーを回復させる植物です。最も有名なものの中には、カモミール、があります。

エナジャイザー:

これらは主にカフェインを含み、濃縮コーヒーのスプリントを与える植物です。これらの中には、ガラナ、マカ、コーラがあります。コーヒーのように不眠症を引き起こす可能性があるため、夕方にはそれらを含む製品を服用しない方が良いでしょう。(カフェイン入ハーブは当店での取り扱いはありません。)

循環刺激剤:

脳血行不良により精神的疲労と記憶喪失が悪化することがあります。イチョウとビルベリーは正常な循環を回復し、血流を改善し、脳細胞の活力を高めます。

浄化作用:

疲労は、工業用食品の添加物、汚染物質、ストレスによって引き起こされる薬物または毒素、および能動的または受動的なタバコの煙による身体の中毒の程度にも依存します。このため、体を浄化することは常に良い習慣です。この場合、アーティチョーク、タンポポ、その他多くのハーブがあります。

寛大な母である自然は、健康と調和と静けさの中で生活するためのすべての要素を私たちに提供しますが、違いを生むのは私たちの選択であり、幸福と倦怠感のバランスの先端であることを忘れてはなりません。