腹部を強化するハーブで体全体を健康に

腹部を強化する

腹部のエネルギーの構築と育成は、漢方薬などの中医学の最も重要な原則の1つです。
陰陽の理論によると、中心の強さは私たちの健康にとって決定的です。腹部の主な機能は、食物のエッセンスを血液、気、血液や水分などの液体に変換し、それらを体全体に分配することです。これが体に栄養を与える方法です。したがって、腹部は「出生後の気の根」とも考えられています。

「腹部が強ければ、1000の病気を治すことができます。
腹部が弱いと、希望があまり残らないことがよくあります。」

腹部のコンセプト

腹部は要素の地球に対応します。それに伴う臓器は、脾臓と胃です。生理学的位置から、両方の器官は体の腹部にあります。機能的には、脾臓と胃はすべての臓器をまとめて保持し、地球のようにそれらに栄養を与えます。

胃と脾臓の機能は、よりエネルギッシュな概念です。腹部はすべての臓器をまとめるだけでなく、それらに暖かさ、血液、エネルギーを供給します。私たちの太陽系の太陽と同様に、中心は体の栄養を与え、休息する極です。

B202204291

弱い腹部

腹部が弱いと、体内の熱とエネルギーが不足します。これは、他のすべての臓器の供給が不足していることを意味します。さらに、臓器同士の調和のとれた相互作用はもはや維持できなくなります。個々の臓器の機能不全や病気は、生物全体にはるかに破壊的な影響を及ぼします。コアが弱くなった場合のもう1つの結果は、内部水分の生成です。これは通常、ウイルスやバクテリアに対する感受性の増加を伴います。
西洋の多くの成人は、ほとんど無意識のうちに、軽度または重度の「腹部の弱さ」に苦しんでいます。最も一般的な症状は、体温の欠如、集中力の欠如、倦怠感、全身の脱力感です。
主な原因は、冷たい食べ物や飲み物、乳製品の過剰摂取、精神的な過労、絶え間ない心配や反芻などの貧しい食生活です。

これはまた、中国と西洋の栄養学の異なる見方によるものです。西部では、十分なビタミンや酵素などを摂取するために、生の食品や乳製品を食べることがしばしば推奨されます。中医学では、私たちの腹部が、多くの冷たい食べ物と過剰な乳製品によって弱体化していると想定しています。否定的な結果は、食物の本質がもはや体に吸収されないということです。

腹部のエネルギーを育てる

良い食生活

良い食生活は、腹部のエネルギーを強化するための最も重要な原則です。これだけで消化管の多くの病気や弱点を治すことができます。

–定期的な食事での毎日のリズム
–たくさんの温かい食べ物(理想的には1日2〜3回)
–ゆっくり食べてよく噛む
–食事と一緒に冷たい液体を飲むのではなく、澄んだ軽いスープ、お湯、または緑茶を飲みます。
–怒った直後に食べないでください
–定期的な朝食、ボリュームたっぷりの昼食、午後7時前の軽い夕食、
–食事中の激しい話し合いを避けてください
–満腹のときに食べないでください

「小さな習慣は、最終的に大きな問題を引き起こします。」

特にお勧め:

–腹全体を温めるヌードルスープ
–ゆでたシリアル(キビまたは大麦、ブルグル–少量の 大豆、ココナッツまたはアーモンドミルク)

-簡単な食事(あまり多くの異なるタンパク質や炭水化物を組み合わせないでください)
-たくさんの野菜(できれば短時間蒸したり揚げたりするだけです)
-季節に対応する料理
-温かくてさわやかな食材を加えてそれらを加える中性食品

避けるべき食べ物

–冷たい食事
–ファストフード、コーヒー、チョコレートなどの「内部熱」を生み出す食べ物や飲み物
–過剰な乳製品、肉、ジャガイモ
–たくさんのお菓子
–大量のアルコール

腹部を構築するハーブ

これは、腹部のためのハーブ処方の例にすぎません。

めありさんのハーブショップ内で起用されているハーブティーは、すべて腹部=消化器を強化することで、体質改善が得られます。症状軽減はもとより、体質改善しますので、症状が消えます。当然ながら、体質改善のため、即効性はありません。

気を強める(肺、心臓、肝臓、腎臓、魏、脾)。湿気を取り除き、バランスのとれた保湿と体温を保持。

上記のハーブ作用に、加えて、利尿を促進など。