カモミール

カモミール
Matricaria chamomilla
キク科

カモミールは、年齢を問わず、ストレスや不安からくる不調、特に消化に影響を及ぼす可能性のある不調を和らげ、多くの月経不順を軽減するために使用されています。また、口や歯茎のトラブルや、上気道の蒸気に直接使用されることもあります。

chamomile
風味
カモミールの花を手に取り、鼻の下に押し当てます。クマリンに由来する新しい干し草のような第一印象があり、次に揮発性オイルの特徴的な香りが、キッチンハーブやスパイスとは異なり、リンゴのようだと表現されることもありますが、他のクマリン成分も含まれ、甘くてクリーミーなバニラビーンズ臭と少し重いナッツ様のトーンがあります。

そして、濃い目のカモミールティーを淹れる(1カップにティーバッグ2個くらい)と、まずおなじみの香りが漂い、カマズレン(蒸気で生成される成分)によって少し変化し、おなじみの味としてすぐに感じられるようになります。クマリンは、甘いハーブのような印象を与え、次に(フラボノイドと一緒に)重要な乾燥した渋みと苦い後味をもたらします。

どんなことに使えるの?
カモミールティーは、消化不良、疝痛、鼓腸などの消化器系の不調、特にストレスや神経の緊張に関連している場合に、まず試していただきたい、とても身近な存在です。また、不眠症や疝痛、不安感を和らげるために、子供にも安心して飲ませることができるお茶です。

カモミールは女性用レメディとして長い伝統があり、女性はしばしば生理痛や生理がないとき(その他の理由は除く)にカモミールが役立ってきたと言われています。

カモミールを含む蒸気を吸い込むと、風邪や副鼻腔炎、耳痛などによる不快感が和らぎます。ティースプーン4杯のカモミールをボウルに入れ、熱湯を注ぎます。お茶を数分間蒸らした後、ボウルの上でタオルを頭からかぶって5~10分間、鼻と口から深呼吸をします。

大きな特徴
カモミールの花に特徴的な香りと風味を与える精油には、セスキテルペン類やさまざまな抗炎症作用を持つ成分が含まれています。このうちマトリシンは、お湯につけると、さらに青い揮発性オイル(カマズレン)を発生させ、このオイルにも抗炎症作用があります。また、カモミールには、特に強い抗炎症作用を持つアピゲニンを含むフラボノイドが含まれています。これらの成分は、飲み込むと消化器系の粘膜に、蒸気で吸い込むと気道に、特に効果を発揮します。また、カモミールには創傷治癒効果も認められています。

また、ジャーマンカモミールの成分には鎮痙作用があります。特に腹部膨満感や痙攣などの消化器系の症状がある場合、内臓の緊張を和らげる作用があります。

カモミールには不安感を和らげる作用も確認されています。心理的な緊張を和らげるだけでなく、ストレスによる根本的な生理的症状も和らげることができるため、神経過敏の治療に最も効果的なレメディーの1つとなっています。

伝統的な使用
神経性の消化不良や下痢、特に子供の落ち着きのなさ、不安感などに広く使用されます。また、鼻づまりや関連する上気道疾患に蒸す用途や、歯の疾患にマウスウォッシュとして使用されています。カモミールは、生理痛や生理不順に効く女性用の薬として人気がありました。
伝統的な作用
抗炎症作用
抗炎症ハーブは、体内の炎症を抑える。抗炎症作用のある植物が対象とする体内のシステムはさまざまです。例えば、胃腸系ではカモミール、フェヌグリーク、メドウスイートが有効です。筋骨格系では、ローズヒップターメリック、セロリシードが有効です。免疫系の炎症には、ゴツコラ(centella asiatica)、フィーバーフュー(tanacetum parthenium)などが有効です。

抗菌剤
抗菌剤とは、微生物(細菌、真菌、ウイルス)の増殖やライフサイクルを阻害するハーブのことです。カモミールのほか、例えば、タイムの葉(Thymus vulgaris)、エキナセア各種(Echinacea species)、エルダーベリー(Sambucus nigra)などがあります。

抗痙攣
鎮痙作用のある植物は、平滑筋の痙攣を抑えたり、和らげたりします。月経痛を含む様々な問題に役立ちます。カモミールのほかアニスシード(Pimpinella anisum)、ラベンダー(Lavandula angustofolia)など、鎮痙薬としても知られている植物があります。

鎮痛剤
鎮咳剤とは、咳の量や程度を軽減する物質のことです。カモミールのほか、ペパーミントなどがこれにあたります。

鼓腸
エッセンシャルオイルを多く含むハーブは、ガスや痙攣、けいれんを和らげ、消化を促進します。カモミールのほか例えば、アニスシード(Pimpinella anisum)、フェンネルシード(Foeniculum vulgare)、ペパーミントリーフ(Mentha piperita)などがあります。

胆汁分泌促進剤・コレトロール剤
胆汁分泌促進薬は、肝臓での胆汁の分泌を促進する薬です。胆汁分泌促進剤は、胆嚢から十二指腸への胆汁の分泌を促進する胆汁分泌促進剤の一種です。胆汁分泌促進薬には、変質作用と下剤作用があります。急性肝不全、閉塞性黄疸、有痛性胆石、胆嚢炎などがある場合は、膠原病薬は禁忌とされています。カモミールのほか例えば、タンポポの(Taraxacum officinalis root)などがあります。

発汗剤
発汗剤は、体の末梢の血行を良くすることで発汗させるハーブです。通常、解熱剤として使用され、カモミールのほかヤロウ(Achillea millefolium)、エルダー(Sambucus niger)の花、ジンジャー(Zingiber officinalis)の根などが代表的です。

下剤
便秘薬とは、排便を促したり、促進したりするハーブのことです。カモミールのほかタンポポの(taraxacum officinalis)のように穏やかに効くもの、亜麻仁(Linum usitatissimum)のように便の水分やかさを増やすもの、センナの葉(Senna alexandria)のように下部腸の筋肉を活性化させて強い運動を起こさせるものなどがあります。

神経系
神経系とは、神経系を鎮め、感情を落ち着かせる作用のあるハーブのことです。カモミールのほか例えば、オート(Avena sativa)、パッションフラワー(Passiflora incarnata)、ラベンダー(Lavandula officinalis)、セントジョーンズワート(Hypericum perforatum)、ローズマリーの葉(Rosmarinus officinalis)、ゴツコラの葉(Centella asiatica)などがあります。

胃薬
カモミールのほか例えば、サイリウムハスクは、消化管をサポートするバルクの下剤であり、食欲を促進し、消化を助けます。

創傷治癒
内服や外用で使用する創傷治癒のためのハーブです。カモミールのほかウィッチヘーゼル(Hamamelis virginiana)やナズナ(Capsella bursa-pastoris)の葉などの収斂ハーブは、直接出血を止め、エッシャー(かさぶた)の形成を促進します。オオバコの葉(Plantago lanceolata)などの粘液質のハーブは、炎症を鎮めます。カレンデュラの花(Calendula officinalis)、オオバコの葉(Plantago lanceolata)、マシュマロの根(Althaea officinalis)など、組織の治癒を早めるために内服するハーブもあります。

実践的な使用
神経系に作用するこのハーブの抗痙攣作用のある部分は、末梢神経系や筋肉に働きかけ、間接的に全身をリラックスさせ、全体的に穏やかでリラックスした感覚を作り出します。また、睡眠にも効果があると思われます。不安感、特に消化不良を助長するような場合に効果的です。また、月経周期に伴う痛みにも効果が期待できます。

消化器系:カモミールは、消化器系の痙攣、膨満感、けいれん、消化不良、疝痛に適応します。カモミールティーは、糖尿病前症や糖尿病患者などの血糖値のコントロールに役立つという証拠があります。

呼吸器系:副鼻腔炎、慢性喘息、気管支炎、花粉症、インフルエンザに適応します。肺の余分な粘液や痰を取り除き、炎症を抑え、特に感染症による筋肉の緊張を和らげます。

皮膚にカモミールの抗炎症作用と抗菌作用は、炎症を伴うさまざまな皮膚疾患に有用です。また、傷や火傷、おむつかぶれ、虫さされや刺されにも有効です。カモミールの花は、伝統的に子供のお風呂に入れられ、寝る前にリラックスさせるのに役立っていましたが、子供の湿疹を和らげるためにも使われていました。

その他、外用:潰瘍や歯肉炎の洗口液、喉の痛みのうがい液、炎症を起こした目の消毒液、結膜炎、鵞口瘡などの膣感染症の洗浄液、膀胱炎、静脈瘤の潰瘍や痔にカモミールティーに混ぜて飲む。また、希釈したオイルを関節痛、偏頭痛、三叉神経痛、坐骨神経痛などにマッサージしたり、虫除けとして使用することもできます。

検証
中等度から重度の全般性不安障害の外来患者を対象とした2段階の臨床試験において、カモミールエキス1500mg(500mgカプセルを1日3回)に最初に反応した50%以上が、その後継続療法とプラセボに分けられました。その後26週間にわたり、プラセボに切り替えた患者は再発が多く、不安スコアが上昇しました。

無作為化二重盲検プラセボ対照試験において、矯正装置を装着している被験者30名を、1%のカモミールエキス(カモミールティーで得られるレベルに相当)を含む洗口液、プラセボ、または標準の0.12%クロルヘキシジン洗口液を朝晩1分間ブラッシング後すぐに15日間摂取するように分けた。プラセボ群では、歯垢と歯肉出血が増加しました。一方、カモミール群とクロルヘキシジン群では、歯垢と歯肉出血が有意に減少しました。また、カモミールは、歯肉炎患者のバイオフィルムの蓄積と出血を減少させました。

単盲検無作為化比較臨床試験において、II型糖尿病の男女64名の被験者に、カモミールティー(3g/150mLのお湯)を1日3回食直後に8週間提供するか、水(各群32名)を提供しました。カモミールティーは、対照群と比較して、血糖値やインスリン抵抗性の指標、インスリン濃度を有意に低下させ、抗酸化力の指標を増加させました。

植物学的解説
カモミールは一年草で、茎は直立し、多くの枝分かれをして、高さ10~80cmになります。細長い葉は2~3回羽状になっています。花首は、枝分かれした茎の先に別々につき、直径10~30mmで、台形で異型花です。

5本の歯がある黄金色の管状花序は、長さ1.5~2.5 mmで、常に腺管で終わる。11~27枚の白い花弁は、長さ6~11mm、幅3.5mmで、同心円状に並ぶ。根は細く紡錘形で、土の中に平たく入り込むだけです。

レセプタクルは幅6-8mmで、はじめは平らで、後に円錐形になり、空洞になります。この後、他のカモミールやパイナップル・ウィード(よく混同されます)を見分けるために、カモミールの非常に重要な特徴です。また、カモミールには蒼白い葉がない。果実は黄褐色の無柄です。

安全性
カモミールは、妊娠中や授乳中に摂取しても安全です。また、あらゆる年齢の子どもたちにも極めて安全です。

まれにカモミールの使用によるアレルギー反応が報告されていますが、これは主にカモミールに無関係の花が混入している場合です。キク科の植物に過敏症やアレルギーのある方は、カモミールの摂取を控える必要があります。

薬との相互作用
カモミールは、肝酵素を穏やかに阻害する作用があるため、特定の医薬品の生存率に弱い影響を与える可能性があります。
禁忌事項
不明
使用方法
お茶
インフュージョン
チンキ剤
液状エキス
ハイドロゾル
エッセンシャルオイル
外用剤:クリーム、軟膏
投与量
インフュージョンする:花3gを蓋付きの容器(ティーポットなど)に入れ、沸騰したお湯に約15分間浸してください。煎じたものを濾し、お茶として1日3~4回を限度として飲む。

液状エキス(1:2)45%:1日3回を限度として、3~5mlを服用してください。

構成要素
セスキテルペン(-)-a-ビサボロールとその酸化物A、B、Cを50%まで含む精油(0.3~1.5%)。
ビスアボロノキサイドA シス-及びトランス-エン-イン-ジシクロエーテル(又はスピロエーテル)25%以下
マトリシン
フラボノイド(最大6%)特にアピゲニン-7-グルコシド
クマリン類(ヘルニアリン、ウンベリフェロン)
フェノール酸類
多糖類
もう一つの有効成分である青い揮発性油のカマズレンは、マトリシンを水蒸気蒸留することによってのみ生成されます。つまり、花にお湯を加えたときにのみ現れ、茶托や蓋をして蒸気が凝縮して茶葉に落ちるときに最高値となる。
原産
カモミールは、南・東ヨーロッパが原産です。乱れた場所や草地、野原で繁茂する。
絶滅危惧植物
IUCNのレッドリストでは、カモミールは広く分布し、個体数が安定しており、大きな脅威がないことから、「懸念が最も少ない」リストに分類されています。
育て方
カモミールは育てやすく、昆虫やミツバチを庭に呼び込むのに最適な植物です。
秋に準備した苗床に直接種を蒔くか、3月から室内で鉢植えで育てます。カモミールの発芽には光が必要なので、バーミキュライトや堆肥を薄く敷いてください。
苗が十分に大きくなったら、1つ1つの鉢に穴をあけます。根の張った苗や買ってきた苗を、日当たりのよい、水はけのよい土に植えます。
カモミールの苗は、ほとんど手入れをする必要がありません。一度植えれば、かなり乾燥に強いです。
鉢植えは定期的に水やりをし、根が水浸しにならないよう、水はけをよくしておきます。
カモミールに関するコラム

カモミールジャーマン バイオダイナミック有機 無農薬 Matricaria recutita 花 スペイン産

カモミールジャーマン オーガニック Matricaria recutita 花 スペイン産

Don`t copy text!